メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
明治天皇様について
昭憲皇太后様について
昭憲皇太后様の御歌

昭憲皇太后様について
社会福祉や女子教育に尽力された方

 昭憲皇太后さまは嘉永3年、一条忠香公の第三女としてご誕生になられました。ご幼少の頃より資性ご聡明で仁慈、博愛、謙譲、貞節など尊くも美わしい婦徳のかがみと仰がれておりますが、殊に女子教育のご奨励と博愛、慈善の事業については、きわめて大きな役割をお果たしになりました。お茶の水の東京女子師範学校の設立の際には多額のお手許金を下賜(かし)され、また開校式にも行啓されました。


 とりわけ日本赤十字社の設立と経営に尽くされ、赤十字国際委員会に寄付された「昭憲皇太后基金(Empress Shoken Fund)」は、赤十字の平時における救護活動の先例となり、いまでも世界各国の赤十字助成のために活用され、今日までその恩恵に浴した国は、延べ500ヶ国におよんでいます。

 昭憲皇太后さまは大正3年4月11日、明治天皇さまのみあとを追われるごとく崩御され、伏見桃山東陵に埋葬せられました。

昭憲皇太后様の御歌
『ロンドンタイムズ』も高く評価した和歌の詠み手

 生涯に三万首を超える和歌を詠み、その一部が『昭憲皇太后御集』として伝わります。崩御に際しては『ロンドンタイムズ』も、高くそれを評価したほどです。

 昭憲皇太后さまの御歌(みうた)としては、明治9年(1876年)2月、東京女子高等師範学校に下賜した校歌、 「磨(みが)かずば玉も鏡もなにかせむ 学びの道もかくこそありけれ」(玉も鏡も磨かなければ何にもならない 勉強もそういうもの)が著名であり、また、華族女学校の教育指針を詠んだ「金剛石」「水は器」等も、尋常小学校唱歌として広く歌われました。

みがかずば玉も鏡も何かせむ
まなびの道もかくこそありけれ

の御歌を御下賜になり、これが同校の校歌となっています。また「金剛石」の唱歌は、御自らのご作詞で華族女学校に下賜されたものです。

 昭憲皇太后さまの博愛と仁慈のご事蹟は、まさに先覚者的な役割を果たされたと申すべきでありましょう。日本赤十字社や慈恵会については、創立の当初からお力をそそがれ、また福田会育児院、岡山孤児院などの養護事業にも、やさしい御手をさしのべられました。



朝ごとにむかふ鏡のくもりなく
あらまほしきは心なりけり

高山のかげをうつしてゆく水の
ひききにつくを心ともがな

これらの御歌によって、皇太后さまが清明にして謙虚な日常のご修養の中にも、正義に対する確固たるご自信、そして明治天皇さまと同じく、全ては「誠」にはじまるとされる尊い御心を拝することができます。

国際神道文化研究所 サイトマップ
お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ