メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
明治神宮関連書籍

インタビュー
「日本のかたちにこめられたもの」
隈研吾(建築家)




インタビュー
「真心が響くかたち」
小笠原清忠
(弓馬術礼法小笠原教場三十一世)


写真
「日本美術ブーム」
の牽引車
伊藤若冲
「動植綵絵」
のこと
山下裕二
(明治学院大楽教授)



「社務所だより
崇敬会だより」




たとえば、
繊細な筆で草木を描く日本的な図案には、
自然への畏敬が宿っている。
瑞々しい白木の鳥居には、
清冽な祈りが満ちている。

ふだん見過ごしている「かたち」、
その意味を問い直すことは
自分自身を見つめ直すこと。

先人たちの
どのような思いが、叡智が
「かたち」に込められているのか。

日本の「こころ」を探るべく、
いまあらためて
「かたち」を見つめたい。


 『代々木』は、明治神宮・明治神宮崇敬会が発行する季刊誌です。
 我が国の美しい伝統精神を未来に伝えるため、昭和35年より刊行をつづけております。
 明治神宮崇敬会の皆様にお送りしております。

[明治神宮崇敬会のお申込み]



[「代々木」トップに戻る]



サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ