明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
インタビュー「真心が響くかたち」 小笠原清忠(弓馬術礼法小笠原教場三十一世)

 鎌倉時代から八百有余年、礼法・弓術・弓馬術の道を一子相伝で守り続ける「小笠原流」。
三十一世宗家である小笠原清忠先生に、日本の「かたち」と「こころ」についてお伺いしました。

調和ということ
― 先生は、礼法において「調和」の大切さを説いていらっしゃいますね。

小笠原 日本には四季があります。春夏秋冬、それぞれ特色ある季節が、人々の暮らしを彩り、心の豊かさを育んできました。初夏には更衣(こうい)が行われ、住まいの装いも夏向きにかわります。自然の環境に自らを調和させてきた日本人は、立ち居振舞においても周囲との調和を大切にします。その場に一番ふさわしい動きは、見ていて美しいものです。

 まず、立ち居振舞には無駄がなく、効率的であることが要求されます。背中を丸めてお辞儀をするということは、身体を丸めたり伸ばしたりする無駄な動きが多い。だから、美しくない。

 たとえば、床の間の生け花です。すべての無駄を捨て去ったところに、誰にも通ずる大自然の美の象徴がある。その花自体の心をも生かし、場のかなめとなっている。まさに、日本の美意識の特徴です



※インタビュー抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]


おがさわら きよただ
昭和18年生まれ。慶應義塾大学卒。社会福祉・医療事業団勤務。平成6年、三十一世宗家を襲名。各地の神社で「大的式」「流鏑馬」「蟇目の儀」などの歩射行事を奉納。著書に『小笠原流礼法入門』等。



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ