明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
現代につながる「五箇條の御誓文」櫻井 よしこ(ジャーナリスト)
 「五箇條の御誓文」の内容は、いま読んでもまったく違和感ありません。皆で相談しなさい、身分の上下に関わらず、議論は大いに言って問題を解決しなさい、古い考えにとらわれず、世界に通ずる道理を大切にしなさい、視野は海外に広げなさい、という考えであり、民主主義の根幹をおさえています。
 これは、それまでの日本社会と異質のものを表現したものはなく、連綿と日本社会の根幹であった価値観を、そのまま文字にしたものなのですね。
(中略)

 戦後、日本で行われた教育では、アメリカが民主主義をもたらしたと教えました。私もそう教わってきました。民主主義は日本が自ら勝ち取ったものではなくて、与えられたのもだ、と。でも、実はアメリカよりもずっと前から日本の社会は民主主義的な国家運営、社会運営をしていたことを示しています。
(後略)

※インタビュー抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
 [崇敬会入会はこちら]

さくらい よしこ
ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業。米紙『クリスチャン・サイエンス・モニター』東京支局員、日本テレビ「今日の出来事」のキャスター等を経て、現在、ジャーナリストとして広く活躍する。『エイズ犯罪・血友病患者の悲劇』で大宅壮一ノンフィクション賞、『日本の危機』等一連の言動活動で菊池寛賞受賞。新刊に『日本よ、「歴史力」を磨け―「現代史」の呪縛を解く』。平成19年、シンクタンク「国家基本問題研究所」を設立。



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ