明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
御製に現れた伝統の格調
岡野 弘彦(歌人)

 昭和54年に私は宮中歌会始の選者を命じられました。私の学問と歌の師である折口信夫博士も晩年の昭和25年から3回、歌会始の選者をつとめ、当時私は内弟子として師の家に同居していましたから、その役目の内容は大体わかっていました。
 ところが昭和58年の春、それまで宮内庁御用掛として天皇をはじめ皇族方のお歌相談役をつとめていられた木俣修さんが亡くなられると、間もなく私がその後継ぎの役目をつとめるように命じられました。すぐ天皇の拝謁を仰せつけられ、入江侍従長、徳川侍従次長から夕食のお招きがあって、心がけることは一往うかがいました。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]



おかの ひろひこ
大正13年、三重県生まれで、家は代々神主家。國學院大學国文科卒。学生時代から短歌結社「鳥船社」に入り、釈迢空(折口信夫)に師事した。昭和54年から宮中歌会始選者、同58年からは宮内庁御用掛を務め、平成19年に退いた。現代歌人協会賞、釈迢空賞、芸術選奨文部大臣賞、芸術院賞など数々を受賞。現在、芸術院会員、國學院大學名誉教授

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ