明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
大日本帝国憲法発布120年記念 新春対談「日本の国柄を考える」
竹田 恒泰(慶應義塾大学講師)× 百地 章(日本大学教授)

統治者としての姿を生涯貫かれた明治天皇(竹田)
竹田 私は慶應義塾大学の大学院で、一年かけて日本国憲法第一条を教えています。憲法というと、日本では第九条が話題になることが多いのですが、世界の常識として、一番最初に書いてあることがその国にとって一番大事なのです。
 明治憲法でも第一条は天皇つまり、日本にとって最も大切なのは天皇なのです。そもそも「天皇」という言葉は日本書紀の用語です。明治憲法の第一条には「万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と、歴史的な言葉を使っている。「万世一系」「統治」いずれも日本書紀の考え方です。日本書紀が日本の正史ですから、これを読まなくては、歴史的な言葉が理解できないのです。ですから、一年の講義のうち三分の一は古事記・目本書紀を読んでいます。学生は、結構興味を持って読んでいますよ。

百地 …略… 明治憲法が制定されたのは明治二十二年ですが、幕末から明治維新へと展開する中で、建国以来、常に我が国の中心におられた天皇、その天皇に再び政治の表舞台に立っていただき、天皇を中心とした近代的な立憲国家をつくっていかなくてはならないという国家のグランドデザインが決まってきます。それが最初に結実したのが五箇條の御誓文でした。天皇が御親ら神々を祀り、近代国家の建設を誓われた。五箇條の御誓文は「明治第一の憲法」(穂積八束)とも言われています。


※インタビュー抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

たけだ つねやす
昭和50年、旧皇族の竹田家に生まれる。明治天自の玄孫。慶應義塾大学法学部卒。現在、作家で慶應義塾大学講師(憲法学)。『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第十五回山本七平賞受賞。他に『皇室へのソボクなギモン』(扶桑社)、『旧皇族が語る天皇の日本史』(PHP)などの著書がある。

ももち あきら
昭和21年生まれ。京都大学大学院法学研究科修士課程修了。京都大学博士(法学)。愛媛大学教授を経て、日本大学法学部教授。日本会議政策委員。著書に『憲法の常識 常識の憲法』(文春新書)、『政教分離とは何か争点の解明』、『靖国と憲法』(ともに成文堂)など多数。



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ