明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
教育勅語における三大重要点
加地 伸行

 私が通っていた国民学校は、四国は愛媛県の東部農村、それほど田舎ではない。私は大阪で生れ育ち、昭和二十年春に父の郷里の同地に疎開し、敗戦を迎えた。ごくふつうの子どもであった。
 級長であった私は、鬼畜米英に敗れた日本は、必ず彼らに復讐しなければならないと主張し続けていた。しかし、その主張が教師に通らなくなったころ、ふと気づいたのは、教育勅語奉読がいつのまにかなくなっていたことであった。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]


かじ のぶゆき
昭和11年、大阪生まれ。大阪大学名誉教授、立命館大学教授。昭和35年、京都大学文学部を卒業。高野山大学、名古屋大学等を経て現職。中国哲学史専攻。著書に『論語』(講談社学術文庫)、『「史記」再説』(中央文庫)、『日本は「神の国」ではないのですか』(小学館文庫)など多数。

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ