明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
昭憲皇太后御生誕百六十年記念
「慈しみは国境と時代を超えて」昭憲皇太后基金の創設と現在
佐藤 雅紀

会場に鳴り響いた拍手

 国際赤十字に「昭憲皇太后基金」(The Empress Shoken Fund)があり、毎年、昭憲皇太后のご命日に当る四月十一日、世界各国赤十字社の平時事業を援助するために基金からの利子の配分が行われています。
 昭憲皇太后基金の誕生は劇的なものでした。
 明治四十五年五月七日から十七日までワシントンで第九回万国赤十字総会(赤十字国際会議)が開催され、三十二ヵ国から政府代表委員及び赤十字代表委員ら二百六名が出席しました。
 開会三日前の五月四日、日本赤十字社の代表として出席する副社長小澤武雄は、日本から送られてきた社長松方正義からの一通の電報を受け取りました。それは、「皇后陛下より平時救護事業ご奨励のために、万国赤十字(国際赤十字)に金十万円(現在の金額で約三億五千万円)を下賜されたので、提議方の取り計らいを乞う」というものでした。
 小澤武雄は、歓喜して急遽万国赤十字総会の議題に取り上げてほしいと願い出、会議第一日の五月八日にこの議題が取り上げられることになりましたが、これに先立って五月七日午後に行われた開会式で書記長エミル・シャリエー(フランス)は「日本国皇后陛下が平時救護事業ご奨励のために金十万円を万国赤十字にご寄付になりました」と紹介し、会場を揺るがす程の拍手が鳴り響いたと報告されています。
 嬉しい大きな話題として、会議が始まる前に開会式で紹介されたのでした。


※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
 [崇敬会入会はこちら]

さとう まさのり
昭和15年、岩手県北上市生まれ。日本赤十字社本社奉仕課長、同東京都支部振興部長、東京都赤十字血液センター副所長を歴任。日本赤十字社嘱託(日本赤十字社社史稿編纂)を平成21年12月まで務めた。著書に『歴史訪問日本赤十字社の創立』



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ