明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
十二徳の実践者「朋友の信」
 呉 善花(拓殖大学国際学部教授)×石 平(拓殖大学客員教授)


 (前略)日本では美学があるんですよ。(対談の行われている茶室から見える庭を指して)この庭も、入るのではなくて、あくまでも外から眺める。庭との距離をおいて、「私は私、庭は庭」。それで私と庭の間に、おそらく静かな交流もある。しかし、決して私は庭の一部にならないし、庭が私の一部になることもない。媚びることはしない。私と庭の出会いは一期一会なんです。要するに、この瞬間、心の通じ合うところがあればある意味十分だという……。
  
  よく言われるのは、お葬式での当事者の態度。韓国も中国も、家族を亡くしたら、みんなの前でワーワー泣くのが、自然の発露。日本人はお客さんの前では、なるべく凛として、抱え込むんです。ひとつの美学。
もちろん、良くない面もあるでしょう。おそらく、日本の自殺率が高いのもそれと関係があると思います。要するに、自分をすべてさらけだす相手が日本人同士にはあまりない。全部自分が抱え込んだままで、富士山の樹海へ行ってしまう。でも、この二つのどちらにも、いい面と悪い面があるんです。ではどちらをとるかというと、私は日本をとりたい。四十八歳にもなって、自分のことは自分で処理できる歳ですよ。人前ではあくまでも楽しく、また相手の立場も配慮し、一定の距離をおいて、「清く、美しく」付き合った方がいいと、この歳になって思うんです。

 静かな交流という言い方、とてもよかったですね。日本の庭は、眺めて、想像を膨らませているわけですね。それと人間関係も同じように感じます。ちょっと距離を置きながら、眺めあう、察する。日本には察する文化があるわけですよね。察するということは、距離をおかないとできませんね。

 なるほど。

 「彼はいまニコニコ笑っているけれども、実は苦しんでるよ」というわけですね。これが日本の精神文化ではないのかなと。庭と同じく、これは日本の美意識であるのと、儒教文化圏では、人が亡くなったときに泣くのは、いいことなんです。(後略)

※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

お そんふぁ
1956年、韓国・済州島生まれ。83年に来日し、大東文化大学卒業後、東京外国語大学大学院修士課程を修了。評論家。拓殖大学国際学部教授。著書に『攘夷の韓国 開国の日本』『スカートの風』『韓国併合への道』など多数。

せき へい
1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部卒。四川大学哲学部講師を経て、88年来日。
神戸大学大学院文化学研究科博士課程終了。評論家。拓殖大学客員教授。著書に『論語道場』
『私はなぜ「中国」を捨てたのか』『謀略家たちの中国』など多数。



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ