明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
水はいのち 
「水の世紀」に湧水を大切にする心を
高村 弘毅

 森と一体になってこそ
 明治神宮の清正井はいま、訪れる人が多いそうですが、訪れた方々が皆喜んで、清々しい顔で帰るというのは、よくわかりますね。
明治神宮の鎮座地は、礫層ではなく、ローム層です。ローム層は水が浸透しやすいけれども、水もちがいい。清正井の水温が年間を通じて十五〜十六度というのは、森があるからです。この水温は十メートルくらいの深さくらいの地下水温に相当し、実際の清正井の浅さからするとすばらしい水温です。土の代わりに深い森があるから、太陽熱変化の影響が少なく約十五度前後と安定した地下水温を保っているんです。ここに清正井の特徴があり、貴重な存在でありますね。
 森と一体となってこその、清正井です。


※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
 [崇敬会入会はこちら]

たかむら ひろき
昭和12年、青森県生まれ。立正大学大学院文学研究科地理学専攻博士課程単位取得満期退学(文学博士)。同大学文学部教授・同学生部長・同学部長、地球環境科学部教授・学部長を経て平成16年から今年3月まで学長を務めた。日本地下水学会会長、全国地下水利用対策団体連合会特別顧問、東京地学協会理事、東京の名湧水選定委員会座長、市街地・土壌汚染対策委員長など歴任。著書に『名水を科学する』『新 名水を科学する』『タクリマカン沙漠の自然環境と風俗』(英文)等。日本地下水学会名誉会員・日本水文化学会名誉会員・青森県文化賞・埼玉県熊谷市市政功労賞・日本国際地図学会功労賞。



[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ
国際神道文化研究所お問い合わせQ&A明治神宮外苑明治神宮の結婚式刊行物の御案内崇敬会について武道場 至誠館宝物殿明治神宮へのアクセス明治神宮の自然、みどころご参拝されるかたへ祭典と行事明治神宮とはトップページへ