明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
明治神宮と私
フォトジャーナリスト 藤田庄市
写真
五十鈴川(島路川) 平成22年10月25日 『伊勢神宮』(新潮社)より
 東京のはずれで生まれて育った僕にとって、「神宮」といえば、それは明治神宮だった。伊勢神宮の正式名称が「神宮」であることを自覚したのは、宗教取材に挺身するようになってからである。
 神宮の第62回式年遷宮(平成17年〜同27年。別宮まで)の撮影と重ね、同21年〜22年に明治神宮を撮らせていただいた。とりわけ、深い杜と巫女たちの神事舞に心はたちまち奪われてしまった。四季の杜は陽光が千変万化し、葉や幹の煌めきはやがて心眼にも映るようになった。大地に敷き詰められたイチョウの落葉。その金色の輝きは時の移ろいの一瞬だった。杜に入った途端、身心は歓喜に満たされた。百年近く自然更新を果たし続け、今や天然林に転生した杜は、こまやかで優しさに溢れていた。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

藤田 庄市(ふじた しょういち)

昭和二22年、東京生まれ。大正大学文学部哲学科卒。(公財)国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター研究員。日本写真家協会会員。著書に『行とは何か』(新潮選書)、『明治神宮 祈りの杜』(平凡社)、『修行と信仰』(岩波現代全書)等。

※『伊勢神宮』(新潮社)は「神事編」「遷宮編」「解説編」の3冊組みで函入り。河合真如、隈研吾、渡邊直樹各氏が執筆、音羽悟氏が解説している。本体1万5千円(税別)。一般書店のほか、新潮社オンライン(http://www.shinchosha.co.jp/book/)からも送料無料で購入可能。

※藤田庄市写真展『「ひもろき」から伊勢神宮第62回式年遷宮』(仮)が、銀座ニコンサロンで10月25日〜31日、大阪ニコンサロンで11月23日〜29日の予定で開催される。
 

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ