明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
代々木の杜の生態のはなし
正木 隆(森林総合研究所 森林植生研究領域長)
写真
二度とできない杜

 明治神宮の杜の木は、産地が混ざっていますね、献木を全国から集めたので。このような森づくりはいろんな地域の遺伝子を混ぜ合わせてしまうことになるので、今は推奨されません。その地域で生産された苗、周辺の木の遺伝子をちゃんと残す方がよいという科学的な知見が確立されています。明治神宮創建の頃はそういう知識がありませんでした。
 ですから逆に、明治神宮の杜は面白い、と言えます。完全に孤立した林なので、樹木に関してはこの中で遺伝子のやり取りが行われます。一体どうなるのか予想がつきません。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

正木 隆(まさき・たかし)

昭和39年、東京生まれ。東京大学大学院農学系研究科修了、農学博士。国立研究開発法人・森林総合研究所森林植生研究領域長。編著書に『森林生態学―長期大規模研究からみえるもの』(文一総合出版)、『森林生態学』(共立出版)等多数。

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ