明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
明治神宮と私
仁平 圀雄(明治神宮総代・元警視総監)
写真
大学で出会った合気道と師

 私が現在、明治神宮の総代をさせていただいているのは、明治神宮武道場至誠館の田中茂穗先生(現・名誉館長)のお陰です。大学卒業間近の昭和30年、本郷の銀杏並木に「合気道同好会」のビラが貼られていたのが出会いでした。早速、七徳堂(武道場)に行ってみると、田中先生ご指導の下、数名の学生が稽古をしており、すぐにその場で参加させていただきました。道着などは持っておらず、卒業するまで丸首シャツにズボンというお粗末な格好で稽古しました。
 東京大学合気道同好会がその後、運動会の正式な部になったのは、亀井静香主将(現・衆議院議員)の時です。私が田中先生に教えていただいたのはわずか1年足らずでしたが、卒業以来今日までご厚誼をいただいております。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

仁平 圀雄(にひら・くにお)

昭和8年生まれ。茨城県水戸市出身。同32年、東京大学法学部卒業後、警察庁に入庁。同53年、宮内庁総務課長。平成2年、警視総監となる。公益財団法人徳川ミュージアム業務執行理事、公益財団法人水戸育英会理事等。

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ