明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
明治神宮鎮座百年記念事業の概要 
写真
 平成32年(2020)に明治神宮は鎮座百年大祭を迎えます。
 明治天皇、昭憲皇太后を仰ぐ先人の、熱い思いとまごころで創建された明治神宮。百年を迎えようとしている今、これから先の百年のために御社殿屋根の修復や鳥居の建て替え、さらには御祭神みゆかりの貴重品など宝物を保管・展示する新施設が必要不可欠であるということが調査の結果、判明しました。
 本年は、明治天皇践祚150年、来年は明治維新150年という節目を迎え、いよいよわが国の歴史や国柄に関心が集まる秋(とき)となります。
 百年前の先人たちが、赤誠と共に寄せた10万本の献木と、のべ11万人の青年団の勤労奉仕に思いを馳せ、今また現代に生きる私たちのまごころを結集し、晴れやかに鎮座百年大祭を迎え、次の百年へとしっかりと受け継いでいきたいと存じます。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ