明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
平成30年5月18日 浄闇の中
仮殿遷座祭を斎行
 
写真
遷御の儀
 5月18日午後7時、仮殿遷座祭が執り行われ、明治神宮責任役員・総代、関係者約280人が参列しました。鎮座百年祭記念事業の一環として行っている御社殿群屋根葺替工事が内拝殿・本殿に着手するにあたって、御祭神に本殿から仮殿にお遷(うつ)りいただきました。
 「遷御(せんぎょ)の儀」に際して御社殿の明かりはすべて消され、御霊代(みたましろ)(=御神体)は御羽車(おはぐるま)に奉戴し、白い絹垣(きぬがき)で囲まれ、御本殿から出御(しゅつぎょ)。鹵簿(ろぼ)(=御羽車を中心とした行列。楽を奏する伶人(れいじん)含め52人)は神職が発する「オー」という警蹕(けいひつ)と雅楽が流れる中、陰灯(かげとう)の灯りのみで参列者の前を進んで中庭(ちゅうてい)に造られた仮殿に遷られました。仮殿に御霊代が奉安され、祭典が終わると、参列者は檜の香りが漂う仮殿に各々参拝しました。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ