明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
対談 明治維新150年に思う
芳賀徹 × 平川祐弘
写真
対談に熱が入る芳賀氏(左)と平川氏
我が三十代後半の仕事

平川 我々は二人とも明治百年にあたる昭和四十年代のはじめ、世界の中の明治日本を考えることが比較研究者としての出発点となりました。芳賀さんは昭和44年に『明治維新と日本人』を、最初は『明治百年の序幕』という題で文藝春秋の『大世界史』の一巻として世に出しました。蘭学者に始まる日本人の西洋文明の吸収と明治日本の近代国家建設をポジディヴに記述した。私は森鴎外をケース・スタディーに取り上げて日本人がどのようにして西洋文明を摂取し同化しながら、しかも、自分たちのアイデンティティーを維持したか、それを『和魂洋才の系譜』(昭和46年)として書きました。それから半世紀が経ち、平成30年は明治150年にあたります。

芳賀 我々が30代後半の頃、昭和43年は思い出せば大学紛争の年でした。明治100年の記念行事が計画されていましたが、そのためにフルには展開できなかった。学界内でも100年を祝うこと自体に反対する左翼系の学者の動きが顕著で、出版社もマスコミも政府も口を塞がれているようでした。そのなかで我々は幕末明治に対する見解を既にそれなりに持っていたのですが、それを公表するのに気兼ねがあった。
 そんなことで、近年ようやくおおっぴらに明治維新の面白さ、その重大さ、そしてそれに先駆けた徳川日本という円熟した文明がもつ重要性を語ることができるのは大変嬉しいことです。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

芳賀 徹 (はが・とおる)

昭和6年、山形生まれ。東京大学教養学部卒、比較文学者。東京大学教授、プリンストン大学客員研究員、京都造形芸術大学学長、静岡県立美術館館長などを経て、現在、東京大学名誉教授。明治神宮責任役員。著書に『渡辺崋山・優しい旅びと』『明治維新と日本人』『平賀源内』『文明としての徳川日本』等多数。

平川 祐弘 (ひらかわ・すけひろ)

昭和6年、東京生まれ。東京大学教養学部卒、比較文学者。東京大学教授、福岡女学院大学教授を経て、現在、東京大学名誉教授。ダンテ『神曲』をはじめ、ラフカディオ・ハーン著作の翻訳多数。著書に『竹山道雄と昭和の時代』『西洋人の神道観―日本のアイデンティティ―を求めて』等。『平川祐弘著作集』全34巻刊行中。

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ