明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
「資料に見る明治神宮とその時代」
第10回『結婚式ニ関スル書類』
写真
 明治神宮の神前結婚式の嚆矢(こうし)は、昭和21年1月20日。空襲で焼失した御本殿に代わる御仮殿の工事が進む最中、仮斎場で執り行われました。
 終戦間もない時世、復員した兵士や疎開先から引き揚げてきた人々に結婚式の場を提供するという目的のもと、境内には申込書が常備され、結婚式受付の掲示札が掲げられました。昭和22年には、総合結婚式場として明治記念館が開館。翌年には約1400組もの申込みがありました。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ