明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
見どころ満載の明治神宮の建築 A
創立時と復興時の本殿

藤岡 洋保
写真
      創立時本殿(『明治神宮画集』より)
 大正9年創立時の本殿は流造(ながれづくり)である。流造は神社ではもっとも一般的で、ゆるやかにカーブする切妻屋根がかかり、その階(きざはし)の上に屋根が下がりながら延びるものである。賀茂別雷神社・賀茂御祖神社のものが有名で、柱間が正面三つ側面二つ、柱は素木(しらき)の丸柱で、屋根は檜皮葺(ひわだぶき)である。明治神宮創立時の本殿は、・・・
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

藤岡洋保(ふじおか ひろやす)

明治神宮国際神道文化研究所特任研究員(東京工業大学名誉教授・日本近代建築史)

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ