明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
明治維新150年/西郷隆盛と日本の近代思想史
日本人としての「ものさし」を持つために

先崎 彰容
写真
西郷隆盛の墓 (鹿児島市、筆者撮影)
「国」のあり方を論じた先人

 言うまでもなく、今年は明治維新150年目の節目にあたる。NHK『西郷どん』を意識しているからか、昨年だけで百冊以上の西郷関連本がでたという。つまり明治維新は「西郷隆盛」という一人物に象徴されているわけで、僕らが明治維新について考える際、西郷隆盛の眼をつうじて、時代を理解しているわけである。
 平成30年の現在ばかりでない。西郷隆盛は、生前はもちろん、死後直後から圧倒的な存在感をもって日本人を魅了した。市井の人ばかりではない、同時代人の福澤諭吉や中江兆民、さらには玄洋社の頭山満(とうやまみつる)や、その知的血統を受け継ぐ葦津珍彦(あしづうずひこ)、さらには戦後の三島由紀夫や司馬遼太郎など、自分自身が知の巨人として名を遺すことになる人たちが、西郷を仰ぎ見ていたのである。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

せんざき あきなか

昭和50年東京生まれ。東京大学文学部倫理学科卒。東北大学大学院文学研究科日本思想史専攻博士課程修了、フランス国立社会科学高等研究院に留学。著書に『ナショナリズムの復権』(ちくま新書)、『未完の西郷隆盛』(新潮選書)、『ビギナーズ日本の思想 文明論之概略』(角川ソフィア文庫)等。

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ