明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
見どころ満載の明治神宮の建築 F
憲法記念館

藤岡 洋保
写真
憲法記念館(筆者撮影)
 外苑の明治記念館本館は「憲法記念館」とも呼ばれる。木造平家のこの建物は、もともとは赤坂仮皇居に御会食所として明治14年につくられ、明治21年には、明治天皇臨席のもとで大日本帝国憲法制定のための枢密院の会議が開かれた。その後、東宮御所(現・迎賓館赤坂離宮)が旧赤坂仮皇居の地に建設されることになったので、この建物は解体された。それが明治40年1月に、憲法制定時の枢密院議長だった伊藤博文に下賜されることになり、伊藤は、東京府大井に約五千坪の土地を購入し、そこに移築再建した建物を「恩賜館」と名づけた。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]

藤岡洋保(ふじおか ひろやす)

明治神宮国際神道文化研究所特任研究員(東京工業大学名誉教授・日本近代建築史)

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ