明治神宮ロゴ
明治神宮関連書籍
明治神宮と私
今井 敬
写真
 天皇陛下とちょうど四つ違います。
 小さい頃は、母が枕元で古事記を読んでくれました。『子供版・古事記』です。イザナギノミコトがイザナミノミコトに会いに行って、たいへんなものを見てしまって、左目を洗ったらアマテラスオオミカミさまが、・・・・・・だいたいこの辺、いつも同じところで眠っちゃうの(笑)。古事記を知っている子供、今は少ないんじゃないかな。
 昭憲皇太后の御歌は「金剛石」という歌になっていて、教科書で習いました。学校には奉安殿があって、そこから校長が教育勅語を出してきて読みましたね。家にも大きな神棚があって、父は朝晩手を合わせていましたよ。当時は鎌倉に住んでいて鶴岡八幡宮に灯籠を寄付したりしていました。東京に移るとすぐに、明治神宮に連れていかれました。はっきりは覚えていないんですけれどもね、真夜中でしたよ。周りはみんな大人で、僕は下を向いていました。確か、砂利でした。明治神宮が空襲で焼ける前の社殿にお参りしました。昭和10年か11年、そのころの話です。
 その後は、僕が子供を連れて、その子供が自分の子供、私からいうと孫を連れてきて、明治神宮にお参りしています。七五三もさせていただきましたし。そういうご縁はありますね。
※記事抜粋です。『代々木』をお読みになりたい方は、崇敬会にご入会下さい
[崇敬会入会はこちら]


今井 敬(いまい・たかし)

昭和4年12月23日、神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業後、昭和27年、富士製鐵(現・新日鐵住金(3月末まで)の前身)に入社。現在、日本製鉄名誉会長。第9代経済団体連合会長を務めた。平成8年、明治神宮総代、同19年には責任役員となる。政府の「追悼・平和祈念のための記念碑等施設の在り方を考える懇談会」座長、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」座長も努めた。平成30年、桐花大綬章受章。
 

[「代々木」トップに戻る]


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事明治神宮とは トップページへ