メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
1月から12月までの公式祭事
 
七夕まつり子供大会を開催しました

写真 写真

 明治神宮児童文化会は、日本の伝統行事である「七夕の節句」にあわせて、7月3日(日)に「神宮の森の七夕まつり子供大会」を開催しました。
 子供たちは七夕の願いごとを巫女と一緒に笹竹に飾り付け、御神前にお供えし、厳かな祭典に参列しました。参集殿に移動した後は、児童文化委員と子供会OBで結成されている明治神宮青少年の会「いぶき」の進行により、絵話鑑賞やゲーム大会、折り紙での笹飾り作りなど楽しいひと時を過ごし、会場は子供たちの笑顔であふれました。




和歌を奉納しませんか
 
 明治神宮では、秋の大祭を奉祝して、第135回明治神宮献詠短歌大会を開催いたします。一般の方をはじめ、小・中・高生の献詠もお待ちしております。
 また、10月23日には全国から献詠された和歌の預選歌(よせんか)を、古式に則って神前に披講する献詠披講式(けんえいひこうしき)が午前10時より行われます。


献詠歌募集要項
献詠歌: 未発表の近詠(一人一首厳守)
用 紙: はがきに限る(詠草は歴史的仮名遣<小・中・高生は現代仮名遣>楷書で氏名にはふりがなを付す)
郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を明記
(小・中・高生は、校名と学年も記すこと)
締切日: 平成28年8月30日(火)必着
選 者: 中川 佐和子・馬場 あき子・藤岡 武雄・松坂 弘(敬称略五十音順)
選歌発表: 平成28年10月23日(日)歌会当日(明治神宮参集殿にて)
賞:
一般 特選 10名
  入選 20名
  佳作 170名
小・中・高生 秀逸作 若干名
※特選・入選・佳作・小中高生秀逸作に入賞の方には歌会前に予めご通知致します。
※記念品を贈呈致します。
送り先: 〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1
明治記念綜合歌会H係 電話 03(3379)5511

献詠披講式
日 時: 10月23日(日)午前10時
場 所: 明治神宮御神前
※参列希望の方は明治神宮参集殿に午前9時30分迄にご参集下さい。
写真

第135回明治神宮献詠短歌大会

日 時: 10月23日(日)午後1時
場 所: 明治神宮参集殿
歌会内容: 入賞歌発表
表彰
講演 連続短歌講座《戦中派から戦後世代の歌人》
第11回「前 登志夫の宇宙―樹・獣・ことば」
講師:日高 堯子 氏
選評
会 費: 無料
来会者には作品集を贈呈致します。
作品集郵送ご希望の方は300円分切手同封の上お申し込み下さい。
主 催: 明治神宮献詠会 明治記念綜合歌会
電話 03(3379)5511
写真




全国少年新春書道展の作品を募集します

写真  

 明治神宮書道会では、全国少年新春書道展の作品を募集しています。明治神宮書道会は、昭和30年から少年少女の試筆(かきぞめ)をあつめ、書道文化を通じて青少年の育成に努めてまいりました。
 特選作品は、平成28年1月5日から30日まで御本殿前の廻廊に展示されます。
 小中学校在学中の児童・生徒であれば、どなたでも応募できます。

詳細はこちら




「神宮の森の七夕まつり子供大会」に参加しませんか!

写真 写真
神前奉告式 巫女と短冊を結ぶ子供達

 明治神宮児童文化会では、日本の伝統行事を通じて子供達の健全な徳育を育んでまいりました。本年も七夕の節句にあたり子供達の健やかな成長と幸福を願う「神宮の森の七夕まつり子供大会」を下記にて開催いたします。

日 時: 平成28年7月3日(日)9:00集合
※終了は12:30頃の予定です。
集合場所: 明治神宮御本殿前
参加申込: 6月10日(金)10:00より電話で下記までお申し込み下さい。
定 員: 親子あわせて400名(先着)
合 受付開始 9:00〜  (場所=御本殿)
第一部 神前奉告式 10:00〜 (場所=御本殿)
 受付後、児童とご家族が色とりどりの「短冊」にお願い事を記入して、約6メートルの大きな竹に結び付け、御本殿にお供えします。
 児童たちが五色の短冊に飾られた笹竹の前でたなばたの歌をうたい、神職が皆の健やかな成長と幸せを願うお祭りを執り行います。
第二部 子供大会 10:30〜 (場所=参集殿)
 御本殿から参集殿まで移動し、子供大会を開会します。歌をうたい、紙芝居などのゲーム大会をして楽しく遊びます
 その後、参加児童に笹飾り作りを指導します。出来上がったお飾りは、おみやげに配る笹竹に付けて、ご家庭でお飾りいただくことができます。
申し込み・問い合わせ先:
「明治神宮児童文化会」
〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1 明治神宮社務所内
電話 03−3379−9123
FAX 03−3320−6059
受付時間 月〜金9:00〜12:00、13:00〜17:00




「奉納盆栽展」「日本水石名品展」が開催されます

写真  

  6月3日より盆栽と水石の展示が行われます。どなたでも自由にご覧になれますので、参拝の際にぜひ日本の伝統文化に触れてください。

第16回明治神宮奉納盆栽展
会 期: 6月3日(金)〜7日(火)
午前9時〜午後5時(最終日は午後4時まで)
会 場: 明治神宮 東廻廊

第56回日本水石名品展
会 期: 6月8日(水)〜12日(日)
午前9時〜午後5時(最終日は午後4時まで)
会 場: 明治神宮 東廻廊、社務所講堂(入場無料)
主 催: 一般社団法人日本水石協会・日本経済新聞社
後 援: 文化庁、東京都、(一社)日本盆栽協会、日本盆栽協同組合、
(社)日本皐月協会、日本皐月協同組合、(公社)全日本小品盆栽協会、
日本小品盆栽組合、日本水石組合
協 催: 近代出版社、樹石新社、愛石社




「神宮の森のこいのぼり子供大会」に500人が参加

写真 写真
青空を泳ぐ子供たちが色付けしたこいのぼり こいのぼりに飛び込む子供たち

 5月5日こどもの日に、こいのぼり子供大会(主催・明治神宮児童文化会)が催され、約500人の親子が参加しました。当日、御社殿前に集合して、こいのぼりに色付けや願いごとを記し、神楽殿で奉告式に参列。その後、場所を宝物殿前の芝地に移し、大きなこいのぼりの中をくぐって遊ぶ「こいくぐり」や明治神宮児童文化会オリジナルのゲームをして、晴天の下、楽しいひと時を過ごしました。
 明治神宮児童文化会では、御祭神の御加護をいただき、日本の伝統文化を体験してもらう中で子供たちの豊かな情操育成に努めています。

 来る7月3日(日)には「神宮の森の七夕まつり子供大会」を開催します。小学校6年生までのお子様ならどなたでも無料で参加できますので、ぜひこの機会に明治神宮にいらしてください。お問い合わせは下記までお電話ください。

 明治神宮児童文化会:電話03-3379-9123(平日9〜17時)




「神宮の森のこいのぼり子供大会」に参加しませんか

写真 写真

 「神宮の森のこいのぼり子供大会」を開催します。
 神楽殿で子供たちの健やかな成長を祈願した後、宝物殿前の芝地で子供たちの願いごとを書いたこいのぼりを空高く泳がせたり、広い芝地ならではの開放感のある遊びも企画しています。端午の節句にぜひ親子おそろいでお申し込み下さい。

神宮の森のこいのぼり子供大会
日 程

平成28年5月5日(祝)
※雨天の場合は内容を変更して開催します

集 合 午前9時 御本殿前受付(午後3時頃終了予定)
参加費 無料
対 象 小学校6年生まで
参加したお子様にお土産として、ちまきを差し上げます
持ち物 お弁当・レジャーシート
参加申込 4月15日(金)午前10時より受付開始
電話で下記までお申し込み下さい
※親子あわせて600名、定員に達し次第締切
申し込み・
問い合わせ先
「明治神宮児童文化会」
電話 03−3379−9123
受付時間 月〜金9:00〜12:00、13:00〜17:00




「神宮の森のひなまつり子供大会」が開催されました

写真 写真

 ひなまつり子供大会が2月28日(日)に開催され、約350人の親子が参加しました。
 子供たちは、「流しびな」を手に、御神前の奉告式に参列したあと、宝物殿前の北池で流しびな神事を行いました(流しびなは、環境に配慮した水に溶ける素材でできています)。


写真 写真


 続いて、参集殿で児童文化会オリジナルのゲームや工作などを通して仲良く交流を深め、お土産にはひなあられ(菓道敬神会によるご協賛)が配られました。

 次回の行事は、5月5日(木・祝)のこどもの日に「神宮の森のこいのぼり子供大会」が開催されますのでぜひご参加下さい。明治神宮子ども会の行事は、子ども会のOBである「明治神宮青少年の会 いぶき」がサポートしています。お問い合わせ、申込み等は下記までお電話ください。

明治神宮児童文化会:電話03-3379-9123(平日9〜17時)




春の大祭奉祝 第134回明治記念綜合短歌大会のご案内

 5月8日、春の大祭を奉祝し、第134回明治記念綜合短歌大会を開催します。一般の方をはじめ、小・中・高生の献詠もお待ちしております。
当日は、午前12時30分に御社殿で献詠歌奉奠奉告式が開催され、午後1時より参集殿で表彰式(参加費不要・来会者には作品集を贈呈します)が行われます。


献詠歌募集要項
献詠歌: 未発表の近詠(1人1首厳守)
用 紙: ※はがきに限る(詠草は歴史的仮名遣<小・中・高生は現代仮名遣>楷書で氏名には振仮名を付す)
※郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を明記
※小・中・高生は、校名と学年も記すこと
締切日: 平成28年3月3日(木)必着
選 者: 大下一真・岡野弘彦・花山多佳子・蒔田さくら子(敬称略五十音順)
選歌発表: 平成28年5月8日(日)歌会当日(明治神宮参集殿にて)
賞:
一般 特選 10名
  入選 20名
  佳作 170名
小・中・高生 秀逸作 若干名
※入賞の方には事前にご通知致します
※記念品を贈呈致します。
送り先: 〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1
明治記念綜合歌会H係 電話 03(3379)5511

奉奠奉告式(ほうてんほうこくしき)
日 時: 平成28年5月8日(日)午前12時30分
場 所: 明治神宮御神前
※参列ご希望の方は、参集殿に午前11時30分までにお集まりください
写真

写真


第134回明治記念綜合短歌大会
日 時: 平成28年5月8日(日)午後1時
場 所: 明治神宮参集殿
歌会内容: 入賞歌発表
表彰
講演 連続短歌講座《戦中派から戦後世代の歌人》
第10回「寺山修司―その謎と魅力―」
講師:穂村 弘 氏
選評
会 費: 無料
来会者には作品集を贈呈致します。
作品集郵送ご希望の方は300円分切手同封の上お申し込み下さい。
主 催: 明治神宮献詠会 明治記念綜合歌会
電話 03(3379)5511
写真

写真





神宮の森のひなまつり子供大会開催

写真 写真

 明治神宮児童文化会では、2月28日に「神宮の森のひなまつり子供大会」を開催致します。
 今大会は「桃の節句」にあたって、日本の伝統文化に触れ、子供たちの豊かな心を育み健やかな成長と幸福を願い開催されるものです。
 どなたでもご参加いただけますので、親子おそろいでお申し込み下さい。


神宮の森のひなまつり子供大会
日 時 平成28年2月28日(日)午前10時集合
※雨天の場合は内容を変更して行います
集合場所 御本殿前
対 象 小学校6年生まで
持ち物 お弁当・レジャーシート
参加申込 2月10日(水)午前10時より電話で下記までお申し込み下さい
※親子あわせて450名、定員に達し次第締切
申し込み・問い合わせ先
〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1 明治神宮社務所内「明治神宮児童文化会」
電  話 03(3379)9123
FAX 03(3320)6059
受付時間 平日9:00〜12:00、13:00〜17:00




第62回全国少年新春書道展 入選作決まる

写真  

 第62回全国少年新春書道展(主催・明治神宮書道会)の審査会が行われ、全国の小中学生から応募された27,591点のうち、特選300点(小学生195点、中学生105点)準特選105点(小学生48点、中学生57点)が決まりました。
 新年1月5日には御神前で授賞奉告式、明治神宮会館で授賞式が行われ、特選の作品は御本殿前の廻廊に1月5日から同月30日まで展示されます。

詳細はこちら



「明治天皇と御尊影」展のご案内

写真

 本展示では、明治神宮所蔵の御祭神の御尊影(=御肖像のこと)と、その中でお召しになられていた装束や洋服、調度品を併せて展示し、御聖徳をお偲びしようとするものです。

会 場: 文化館宝物展示室
会 期: 10月3日(土)〜2月7日(日)
時 間: 9:00〜16:30(入場は閉館の30分前まで)
施設維持協力金: 500円
お問い合せ: 明治神宮文化館 宝物展示室(03−3379―5875)




人形感謝祭のご案内

 明治神宮では、年に一度「人形感謝祭」(人形に感謝する会主催)が行われています。今年は、10月5日(日)に行われます。
 11時30分からの祭典では、お納めいただいたお人形を神職がお祓(はら)いします。祭典には、当日お人形を納められた方はどなたでもご参列いただけます。
 長年、大切にしてきた人形は簡単に処分できないもの。心を慰めてくれた人形に感謝の思いをこめてお納めしませんか。


写真 納められた人形(明治神宮廻廊)
   
写真 巫女による神楽「浦安の舞」

日 程:平成27年10月4日(日)※雨天決行
受付場所:明治神宮 御社殿前
人形受付:午前9時〜午後3時
容 量:ダンボール一箱分程度
※人形は当日のご持参のみ受付
※事前の受付・郵送はお断り致します。
初 穂 料:3,000円から
祭  典:午前11時30分から ※参列受付は、同時間まで 

●第21回 思い出人形展 
会 期:10月2日(金)〜10月4日(日)
時 間:午前9時〜午後4時
※4日は午後3時まで
会  場:明治神宮 社務所内特設会場
展 示 品:一般家庭より寄せられた人形の中で、歴史的・文化的に価値のあるものとして保存されている数百点のうちの一部
拝 観 料:無料

●お問合せ:03−3861−8891(人形に感謝する会・音声ガイド)


●人形に感謝する会のホームページはこちら




サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ