メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
1月から12月までの公式祭事
平成28年の祭典・奉納行事・催し物などの予定です。

 ここのほか、毎月1・15日には 「 月次祭(つきなみさい) 」 が斎行されます。また、1年中欠かすことなく御日供祭(おにっくさい)≪朝御饌(あさみけ、午前8時)・夕御饌(ゆうみけ、午後2時) ≫が行われ、皇室の弥栄、国家の安泰、国民の幸福と世界の平和が祈願されています。

・御饌(みけ)とは神様にお供えする食物のことです。


-年間行事予定-
■1月
開催日 名 称 内 容
1月1日 歳旦祭 元旦の早朝に行われる祭儀で、皇室の弥栄と国家の隆昌を祈り、今年の誓いを新たにする祭典
1月7日 武蔵野御陵遥拝 昭和天皇崩御の日にあたり、御陵を遥拝(ようはい)してお偲びする式
1月5日〜30日 新春書道展 全国の小・中学生から奉献された、約2万5千点の作品から特選300点が回廊に展示される

■2月

開催日 名 称 内 容
2月11日 紀元祭 神武天皇建国の聖業を偲び、祖国日本の永遠の繁栄と世界の恒久平和を祈る祭典
2月17日 祈年祭 春に先立って農林水産物の豊作を祈る大祭
2月28日 ひなまつり子供大会 ひな人形をかざり、子供たちの幸福を祈る行事
■3月
開催日 名 称 内 容
3月20日
(春分の日)
皇霊殿遥拝 皇室のご祖先をお祀りする宮中の皇霊殿(こうれいでん)を遥拝(ようはい)する式
■4月
開催日 名 称 内 容
4月3日 畝傍山東北陵遥拝 初代・神武天皇崩御日にあたり、御陵を遥拝してご偉業をお偲びする式
4月11日 昭憲皇太后祭 昭憲皇太后崩御の日にあたって御坤徳(ごこんとく)を敬仰(けいぎょう)追慕する祭典をとり行う
■5 月
開催日 名 称 内 容
5月2日 春の大祭第一日の儀 崇敬会会員参列のもとに行われる祭典。様々な奉祝行事が神前舞台にて奉納される
春の大祭第一日
夕御饌の儀
 
5月3日 崇敬者大祭
(春の大祭)
昭和21年に創立された明治神宮崇敬会の会員多数参列のもとに行われる崇敬者の大祭
5月5日
こいのぼり子供大会 端午の節句にあたり神事を行い、子供たちの健やかな成長と幸せを祈る行事
5月5日
(立夏の日)
御衣祭
(おんぞさい)
立夏にあたり、御祭神の御料(御装束など)を夏のものにお取り替えする祭典
■6月
開催日 名 称 内 容
6月30日 大 祓
(おおはらえ)
半年間の罪穢(つみけがれ)を祓い清める儀式
■7月
開催日 名 称 内 容

7月5日

七夕まつり子供大会 七夕神事を行い、子供たちの健康と様々な技芸の上達を願う行事
7月30日 明治天皇祭 明治天皇崩御の日にあたって御聖徳を敬仰追慕する祭典
■9月
開催日 名 称 内 容
9月19日 長寿健康祈願祭 老人を敬い、その長寿と幸福をお祈りする祭典

9月22日
(秋分の日

皇霊殿遥拝 皇室のご祖先をお祀りする宮中の皇霊殿を遥拝する式
■10月
開催日 名 称 内 容
10月2日 人形感謝祭 「人形への感謝の気持を通じて思いやりの心を呼び起こそう」という趣旨のもと、人形に感謝をする行事
詳細はこちら>>
10月17日 神宮遥拝 神嘗祭(かんなめさい)が行われる伊勢の神宮を遥拝する式
10月23日 献詠披講式 例祭にあたり、全国から献詠された和歌の預選歌を古式により神前に披講する式
■11月
開催日 名 称 内 容
11月1日 鎮座記念祭 大正9年11月1日の明治神宮御鎮座の日を記念する式典。様々な奉祝行事が神前舞台や境内各所で奉納される
11月3日 例祭 明治神宮で最も重要な祭儀。当日は、明治天皇の御生誕日にあたり、宮中より勅使の差遣がある大祭
11月7日
(立冬の日)
御衣祭 立冬にあたり、御祭神の御料(御装束など)を冬のものにお取り替えする祭典
11月23日 新嘗祭
(にいなめさい)
新穀を神前にお供えして、収穫に感謝する大祭
■12月
開催日 名 称 内 容
12月23日 天長祭 天皇陛下の御生誕日。聖寿の萬歳と皇室国家の隆昌を祈る祭典
12月28日 煤  払
(すすはらい)
年末にあたって御社殿の煤払いをする儀式
12月31日 大  祓
(おおはらえ)
新年を迎えるにあたり1年間の罪穢(つみけがれ)を祓い清める儀式
除夜祭 年越の祭。これを以て年中の祭事の終わりとする


サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ