明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
-

28.7.1更新

 
明治天皇祭のご案内

写真 写真
神職参進の様子 明治神宮大和舞

 7月30日は明治天皇の御命日です。午前9時よりその御聖徳を偲ぶ明治天皇祭が御社殿にて行われます。
 明治天皇はご在位中、近代国家の礎を築かれ、常にその先頭に立たれ、明治45年7月30日御年61歳で崩御されました。
 祭典で奉奏(ほうそう)される「明治神宮大和舞(やまとまい)」は、明治神宮の数ある祭典の中で唯一、神職が舞う神楽舞です。明治天皇は御生涯で約10万首もの和歌を詠まれましたが、その中の代表的な御製(ぎょせい)に、作曲・振付けをしたものです。


〔明治天皇御製 明治神宮大和舞〕

 あさみどり澄みわたりたる大空の

             廣(ひろ)きをおのが心ともがな

 祭典当日は、宝物殿及び宝物展示室を無料で公開致します。

 7月30日は、宝物殿・文化館宝物展示室を無料で公開します。
 御祭神みゆかりの品々を展示しております。輝かしい明治という時代を振り返り、「明治のこころ」にふれてみてはいかがでしょうか。
 文化館宝物展示室では、9月25日(日)まで「明治の到来 ―明治天皇と近代化への道のり―」展が開催されています。




[最新情報に戻る]