明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
-

28.7.15更新

 
「第三鳥居建替え」による参道通行規制のお知らせ

 明治神宮では、創建(大正9年)以来の第三鳥居(南玉垣鳥居)と北玉垣鳥居の建替え工事を実施いたします。
 つきましては、安全を第一に配慮し、以下の期間、正参道(第二鳥居から第三鳥居まで)の通行止めを行います。
 ご参拝の皆様にはたいへんご不便をおかけ致しますが、ご理解とご協力をお願いいたします。


正参道通行止め日程
・8月1日(月)〜10月26日(水)
 

 明治神宮には8基の鳥居がありますが、このうち大正9年の創建以来の鳥居は第一鳥居(南参道鳥居)、第三鳥居(南玉垣鳥居)、北玉垣鳥居の3基です。(北玉垣鳥居は御本殿後方にあり、通常、目にすることはできません。)
 第一鳥居も平成32年(2020年)の鎮座百年を機に建て替えをする計画を進めています。




昭憲皇太后御尊影が奉納されました

写真 写真

 6月25日、広島県在住の河口知明氏より明治神宮の御祭神である昭憲皇太后の御尊影が奉納されました。
 御尊影は二世五姓田芳柳(にせいごせだほうりゅう)の作品で、昭憲皇太后が美しい紋様の小袿(こうちぎ)の御姿で描かれています。二世五姓田芳柳は明治神宮外苑聖徳記念絵画館の壁画下図を制作した画家です。
 奉納者の河口氏が作品を知人から譲り受け、茨城県坂東市美術館から問い合わせを受け二世五姓田芳柳の作であると確認されました。河口氏は「ふさわしい場所に」と、明治神宮に奉納を申し出られました。
 御尊影は今秋、10月22日から聖徳記念絵画館で始まる明治神宮外苑創建90年記念特別展で展示されます。
 




七夕まつり子供大会を開催しました

写真 写真

 明治神宮児童文化会は、日本の伝統行事である「七夕の節句」にあわせて、7月3日(日)に「神宮の森の七夕まつり子供大会」を開催しました。
 子供たちは七夕の願いごとを巫女と一緒に笹竹に飾り付け、御神前にお供えし、厳かな祭典に参列しました。参集殿に移動した後は、児童文化委員と子供会OBで結成されている明治神宮青少年の会「いぶき」の進行により、絵話鑑賞やゲーム大会、折り紙での笹飾り作りなど楽しいひと時を過ごし、会場は子供たちの笑顔であふれました。




和歌を奉納しませんか

写真 写真

 明治神宮では、秋の大祭を奉祝して、第135回明治神宮献詠短歌大会を開催いたします。一般の方をはじめ、小・中・高生の献詠もお待ちしております。
 また、10月23日には全国から献詠された和歌の預選歌(よせんか)を、古式に則って神前に披講する献詠披講式(けんえいひこうしき)が午前10時より行われます。

詳細はこちら




全国少年新春書道展の作品を募集します

写真  

 明治神宮書道会では、全国少年新春書道展の作品を募集しています。明治神宮書道会は、昭和30年から少年少女の試筆(かきぞめ)をあつめ、書道文化を通じて青少年の育成に努めてまいりました。
 特選作品は、平成28年1月5日から30日まで御本殿前の廻廊に展示されます。
 小中学校在学中の児童・生徒であれば、どなたでも応募できます。

詳細はこちら




[最新情報に戻る]