明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
28.11.1更新
 
平成29年『代々木の杜カレンダー』をおわかちしています

写真 写真

 明治神宮の平成29年カレンダー『御製御歌を仰ぐ 代々木の杜(もり)カレンダー』をおわかちしています。
 教育勅語の12の徳目とともに、御祭神である明治天皇と昭憲皇太后が詠まれた御製・御歌(和歌)を掲載しており、毎月の心がけとなります。また、写真はその月の境内の印象的な様子を捉えています。
 一年を通じて明治神宮とともに明るくお過ごしいただけます。参拝の折に、ぜひいかがでしょうか。




南玉垣鳥居竣功清祓式・くぐり初め式が行われました

写真 写真

 10月26日、平成32年(2020年)の鎮座百年大祭に先立ち、南玉垣鳥居(第三鳥居)を建て替え、竣功清祓式(きよはらいしき)とくぐり初めを行いました。
  南玉垣鳥居は高さ約8メートル、笠木の長さ11.5メートルの明神鳥居。大正9年創建以来の建替えで、材はすべて国産の檜が調達されました。
 檜の香漂う素木(しらき)の美しい鳥居を仰ぎ見る参拝者の顔も輝いていました。




直木賞作家 朝井まかて氏が小説『落陽』上梓奉告参拝

写真 写真

 10月21日、直木賞作家 朝井まかて氏が明治神宮創建という大プロジェクトを描いた小説『落陽』(祥伝社刊)の上梓奉告参拝を行いました。
 《明治を生き抜いた人々の、熱き「志」の物語です。》(朝井氏)というこの小説は「明治天皇にも迫らざるを得なかった」もので、主人公の新聞記者を通して、日本人とは、明治天皇とは、これからの日本は――を問いかけ、探っていきます。
 大きなテーマを書き上げた朝井氏は、参拝を終えて安堵の笑顔を浮かべていました。
 『落陽』は一般書店でお求めになれます。




外苑創建90年を記念して御幸饅頭が奉納されました

写真 写真

 聖徳記念絵画館壁画「農民収穫御覧」には明治天皇が愛知県で初めて稲刈りを御覧になられた際の様子とともに、農民達を労(ねぎら)うために分かち与えられた御幸(みゆき)饅頭が描かれています。
 10月21日、明治神宮外苑創建90年を記念し、名古屋市の老舗菓子店「つくは祢屋」によって御幸饅頭が再現され、明治神宮に奉納されました。

 明治神宮外苑創建90年記念特別展の詳細はこちら




ベルギー王国フランダース政府首相が表敬参拝

写真 写真

 10月11日、日本・ベルギー友好150周年記念で来日したベルギー王国フランダース政府のゲールト・ブルジョワ首相が表敬参拝されました。
 中島精太郎宮司、宮ア重廣権宮司、九條道成権宮司、佐藤正宏明治神宮国際神道文化研究所所長の案内で境内を進み、お祓(はら)いの後、内拝殿で玉串を捧げて二拝二拍手一拝の作法で拝礼されました。
 参拝後、御社殿のお屋根葺替えに使用する銅板に、願い事と名前を記し奉納しました。





平成29年度 新年初祈願祭のご案内(法人・団体予約)

 元日の午前1時より神楽殿(かぐらでん)にて承っております。社運隆昌、商売繁昌、工事安全など新年初祈願祭をご奉仕いたします。

祈願祭時間:
元日 ・・・午前1時より午後5時まで
2〜7日 ・・・午前9時より午後4時30分まで
8日以降 ・・・午前9時30分より午後4時まで
※受付は30分前より承ります。
初穂料: 「法人団体」は3万円より
受付開始日: 平成28年11月8日(火)午前10時より
※期間外での受付はご遠慮願います。
お申し込みはこちら: お申し込みFAX用紙ダウンロード(新年初祈願祭用)
※1ページ目は記入見本、2ページ目が本用紙となっております。FAX用紙を受信後、担当者より詳細確認のお電話をさしあげます。
※申込締切:平成28年12月6日(火)
お問い合わせ
お申し込み先:
明治神宮神楽殿
電話:03−3379−9281
FAX:03−3373−1699




[最新情報に戻る]