明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
- 1.9.17更新
 
お参りのみなさまへ

写真

 本殿修復工事が竣功し、8月10・11日に両御祭神には仮殿から本殿へお還(かえ)りいただく本殿遷座祭がとり行われました。現在、仮殿解体工事を行っており、仮囲いが設けられているため、外拝殿中央に榊を立てております。ご参拝の皆様にはご理解くださいますようお願いいたします。  

鎮座百年記念事業ページはこちら




勅使参向のもと本殿遷座祭を行いました

写真 写真
遷御の儀   東遊

 8月10日、御祭神の御霊代(みたましろ)が仮殿から本殿にお遷(うつ)りになる本殿遷座祭「遷御(せんぎょ)の儀」が、翌日午前10時から天皇陛下よりの御幣物が奉られる「奉幣(ほうべい)の儀」が、勅使参向のもと執り行われました。
 午後7時から始まった本殿遷座祭「遷御の儀」の参列者約850人は御社殿前に特別に設えたテントで奉拝しました。
 境内のすべての照明は消され、仮殿内から御霊代を御羽車(おはぐるま)に奉載して白い絹垣で囲み、本殿まで進み入御(にゅうぎょ)されました。
 翌11日午前10時、本殿遷座祭「奉幣の儀」は、約1000人が本殿と大前の特設テントで参列する中行われました。祭典では、まず神社本庁よりの「本庁幣」が奉られ、中島精太郎宮司が祝詞を奏上した後、辛櫃(からひつ)を奉じた勅使が参進、御幣物が宮司を通じて献ぜられました。勅使が御祭文を奏上し、つづいて宮中に伝わる「東游(あずまあそび)」がおごそかに舞い納められました。




御社殿修復 奉賛募金のお知らせ

 鎮座百年祭記念事業は、境内整備事業や御神宝の修復など多岐にわたっており、奉賛募金を承っております。皆様の一層のご理解とお力添えをいただきますようお願い致します。
※奉賛募金については、こちら
 電話03‐3320‐5740(募金専用)




全国少年新春書道展の作品を募集します

写真  

 明治神宮書道会では、全国少年新春書道展の作品を募集しています。明治神宮書道会は、昭和30年から少年少女の試筆(かきぞめ)をあつめ、書道文化を通じて青少年の育成に努めてまいりました。
 特選作品は、令和2年1月5日から30日まで御本殿前の廻廊に展示されます。
 小中学校在学中の児童・生徒であれば、どなたでも応募できます。


詳細はこちら


第31回明治神宮人形感謝祭

写真  

 10月6日(日)、第31回明治神宮人形感謝祭(主催・人形に感謝する会)が催されます。
 人形納めの受付は午前9時から午後3時までです。祭典は午前11時30分からとり行われ、お納めいただいたお人形を廻廊に陳列し、神職がお祓(はら)いをします。お人形を納められた方はどなたでも参列することができます。
 長年、大切にしてきた人形は簡単に処分できないもの。心を慰めてくれた人形に感謝の思いをこめてお納めしませんか。

詳細はこちら

 ※人形納めの受付は、当日のみとなります。



[最新情報に戻る]