明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
-

1.12.2更新

 
御本殿修復工事が無事に終了いたしました

写真

 本殿修復工事が竣功し、9月下旬より、銅板屋根が輝く御本殿を仰いでお参りできるようになりました。

 鎮座百年記念事業ページはこちら




御社殿修復 奉賛募金のお知らせ

 鎮座百年祭記念事業は、境内整備事業や御神宝の修復など多岐にわたっており、奉賛募金を承っております。皆様の一層のご理解とお力添えをいただきますようお願い致します。

 奉賛募金についてはこちら

 電話03‐3320‐5740(募金専用)




明治神宮の紅葉は12月上旬が見ごろです

写真 写真
御苑内四阿(あずまや) 御苑内の紅葉

 四季折々の表情を見せる明治神宮の杜は例年、12月に入ると紅葉・黄葉が見ごろを迎え、中でも武蔵野の雑木林の面影を残す御苑は赤に黄色に華やぎます。
 境内ではこの他、神橋(しんきょう)や宝物殿前芝地、東池周辺でも、秋の彩りを見ることができます。
 お参りをされた後はゆっくりと苑内を散策し、錦秋を楽しまれてはいかがでしょうか。




原研哉氏を招き、「第1回 明治神宮ミュージアム開館記念レクチャー」開催

写真  

 明治神宮鎮座百年祭シンボルマーク、明治神宮ミュージアムシンボルマークを手がけたグラフィックデザイナーの原研哉氏を講師に招き、12月19日(木)に開館記念レクチャーを行います。
 ご希望の方はメールかFAX、または明治神宮ミュージアム受付にてお申込ください(おそれいりますが、電話でのお申込は承っておりません)。受講料は入館料(一般1000円、高校生以下900円)のみです。
 詳しくは下記PDFをご覧ください。※先着順のため、定員に達し次第受付を終了致します。参加証の返送をもって結果をお知らせ致します。

開館記念レクチャーの詳細はこちら(PDF)




令和2年『代々木の杜カレンダー』をおわかちしています

写真 写真

 明治神宮の令和二年カレンダー『御製御歌を仰ぐ 代々木の杜(もり)カレンダー』をおわかちしています。
 来年度明治神宮は鎮座百年を迎えるにあたり、教育勅語の12の徳目とともに、御祭神である明治天皇と昭憲皇太后が詠まれた御製・御歌(和歌)を掲載しており、毎月の心がけとなります。また、写真はその月の境内の印象的な様子を捉えています。
 一年を通じて明治神宮の四季を感じられるカレンダーとなっております。参拝の折に、ぜひいかがでしょうか。




令和2年度 新年初祈願祭のご案内(法人・団体予約)

 令和2年の新年初祈願祭の法人・団体の予約を11月7日より受付開始します。
 新年初祈願祭は、元日の午前1時より神楽殿(かぐらでん)にて承っております。社運隆昌、商売繁昌、工事安全など新年初祈願祭をご奉仕いたします。


祈願祭時間:
元日 ・・・午前1時より午後5時まで
2〜7日 ・・・午前9時より午後4時30分まで
8日以降 ・・・午前9時30分より午後4時まで
※受付は30分前より承ります。
初穂料: 「法人団体」は3万円より
受付開始日: 令和元年11月7日(木)午前10時より
※期間外でのお申し込みは受付できません。
お申し込みはこちら: お申し込みFAX用紙ダウンロード(新年初祈願祭用)
※1ページ目は記入見本、2ページ目が本用紙となっております。
 FAX用紙を受信後、担当者より詳細確認のお電話をさしあげます。
※申込締切:令和元年12月6日(金)
お問い合わせ
お申し込み先:
明治神宮神楽殿
電話:03−3379−9281
FAX:03−3373−1699



原宿口は車輌通行禁止です

 10月26日(土)より明治神宮原宿口(南参道口)を「一般車輌通行禁止」とさせていただきました。お参りはなるべく公共交通機関をご利用ください。やむをえずお車で来られる場合は、代々木口(北参道口)より入出苑ください。



[最新情報に戻る]