明治神宮ロゴ
  -
  最新情報
-

2.2.3更新

 
ポーランド首相が表敬

写真  
表敬参拝  

 1月21日、ポーランド共和国のマテウシュ・モラヴィエツキ首相が表敬参拝されました。
 九條道成権宮司の案内で境内を進み、御神前に一礼の作法で拝礼されました。参拝後、武道場至誠館へ移動し、弓道および合気道・鹿島の太刀の演武をご覧になりました。





■ 2月11日は紀元祭 日本の建国を祝いましょう


写真 写真
御神輿渡御 御社頭でのブラスバンド

 2月11日、紀元祭(きげんさい)が執り行われます。初代神武天皇が橿原宮(かしはらのみや)で即位した日であり、かつては紀元節(きげんせつ)と呼ばれていました。現在も「建国記念の日」として受け継がれ、全国各地でお祝いの行事が行われております
 明治神宮では、午前10時から祭典が執り行われ、祭典後、境内ではブラスバンドの演奏や神輿(みこし)渡御(とぎょ)があり、御社頭は建国をお祝いする人々の熱気に包まれます。




ひなまつり子供大会の参加者募集中

写真 写真

 3月1日に「神宮の森のひなまつり子供大会」を開催いたします。
 今大会は「桃の節句」にあわせて、お子様の健やかな成長と幸福を願い開催されます。
 神楽殿で執り行われる厳かなお祭りの後、宝物殿北池で「流し雛」を行い、広々とした芝地で遊びます。
 日本の伝統文化に触れられる貴重な機会、どなたでもご参加いただけますので、親子おそろいでお申し込み下さい。

神宮の森のひなまつり子供大会
日 時 令和2年3月1日(日)午前9時30分集合
※雨天の場合は内容を変更して行います
集合場所 御本殿前
対 象 小学校6年生まで
持ち物 お弁当・レジャーシート
参加申込 2月7日(金)午前10時より電話で下記までお申し込み下さい
※親子あわせて450名、定員に達し次第締切
申し込み・問い合わせ先
〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1 明治神宮社務所内「明治神宮児童文化会」
電  話 03(3379)9123
FAX 03(3320)6059
受付時間 平日9:00〜12:00、13:00〜17:00




消防訓練を行いました

写真 写真

 文化財防火デー(1月26日)にあわせて、1月25日、明治神宮で綜合消防訓練が行われました。
 例年、渋谷消防署協力のもと明治神宮職員による消火救助訓練を実施しています。
 本年は地震発生後外拝殿付近で出火したとの想定で実施し、地域消防団と明治神宮自衛消防隊も加わり一斉放水が行われ、貴重な御社殿、そして参拝者をお守りするという意識を高めました。
 また、境内では地震体験コーナーや火事の際の煙体験コーナーが設置され、多くの参拝者が体験し、防災対策の重要性を再認識していました。




春の大祭奉祝 第142回明治記念綜合短歌大会のご案内

 5月6日、春の大祭を奉祝し、第142回明治記念綜合短歌大会を開催します。一般の方をはじめ、小・中・高生の献詠もお待ちしております。
 当日は、午後零時30分に御社殿で献詠歌奉奠奉告式が開催され、午後1時より参集殿で表彰式(参加費不要・来会者には作品集を贈呈します)が行われます。

献詠歌募集要項
献詠歌: 未発表の近詠(1人1首厳守)
用 紙: ※はがきに限る(詠草は歴史的仮名遣<小・中・高生は現代仮名遣>楷書で氏名には振仮名を付す)
※郵便番号・住所・氏名・電話番号・年齢を明記
※小・中・高生は、校名と学年も記すこと
締切日: 令和2年2月28日(金)必着
選 者: 加藤治郎・栗木京子・玉井清弘・日高堯子(敬称略五十音順)
選歌発表: 令和2年5月6日(水・振休)歌会当日(明治神宮参集殿にて)
賞:
一般 特選 10名
  入選 20名
  佳作 170名
小・中・高生 秀逸作 若干名
※入賞の方には事前にご通知致します
※記念品を贈呈致します。
送り先: 〒151−8557
東京都渋谷区代々木神園町1−1
明治記念綜合歌会A係 電話 03(3379)5511

奉奠奉告式(ほうてんほうこくしき)
日 時: 令和2年5月6日(水・振休)午後零時30分
場 所: 明治神宮御神前
※参列ご希望の方は、参集殿に午前11時30分までにお集まりください
写真

第142回明治記念綜合短歌大会
日 時: 令和2年5月6日(水・振休)午後1時
場 所: 明治神宮参集殿
歌会内容: 入賞歌発表
表彰
講演 連続短歌講座《近現代歌人の家族詠 第5回》
「釈  迢空―人間を深く愛す」
講師:秋山 佐和子 氏
選評
会 費: 無料
来会者には作品集を贈呈致します。
作品集郵送ご希望の方は300円分切手同封の上お申し込み下さい。
主 催: 明治神宮献詠会 明治記念綜合歌会
電話 03(3379)5511
写真



[最新情報に戻る]