メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祈願に関するよくある質問
初宮詣(お宮参り)について教えてください
 
Answer  生後男児31日目・女児33日目に 産土様 ( うぶすなさま ) (お住まいの土地の神様を祭る神社)や特に崇敬する神社にお宮参りし、無事な出産のご加護に感謝し、赤ちゃんがすくすくと育つようにお祈りする日本人の古くからの大切な人生儀礼です。

 明治神宮では毎日、初宮詣を承っております。

 
■ 初宮詣Q&A よくある質問

□ 生まれてから何時ごろにお参りすればよいのですか?

 男の子は生後31日目、女の子は33日目にお参りするのが古くからの風習でしたが、
最近ではこの日にこだわらず、赤ちゃんとお母さんの体調、天候などを考えてされている方が
多いです。

□ 初宮詣のときの服装は?

 赤ちゃんは正式には白羽二重の内着ですが、最近ではベビードレスの方も多いようです。
また打ちかけの着物(祝着)を用意された場合は、父方の祖母が赤ちゃんを抱き、赤ちゃんの
背中に着物を覆うように掛け紐を結びます。しかし、いずれも母方の祖母や母親が赤ちゃんを
抱いても差し支えありません。

□ 初宮詣の時の祈願料(初穂料)はおいくらですか?

 初宮詣は、1万円で祈願神符・撤下神饌とともに明治神宮特製お喰い初め膳をお渡ししております。また、のし袋を用意される場合は、紅白の蝶結びののし袋に表書きで「初穂料」と赤ちゃんの「姓名」をお書きください。

□ 記念写真は撮れますか?

 明治神宮では、明治記念館専属のカメラマンが待機しております。
お申し込みは初宮詣の当日、明治神宮神楽殿地下一階の記念写真受付で承ります。

国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問