メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
御祈願に関するよくある質問
厄祓(厄除)について
 
 日本には古来、人生の節目を「厄年」として慎む習慣があります。厄年とは一生のうち何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、医学の発達した現代においてもなお、万事に慎まねばならない年齢として人々に意識されています。

 厄年は、現代の生活にもあてはまる人生の転換期であり、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢といえます。心身のさまざまな災厄を祓うために、厄年には厄祓いの祈願を受けて、明るく清らかな心と健康な体で、より充実した生活にいたしましょう。

Answer

 
□ 厄年はいつですか?
  厄年とする年齢は、一般的には数え年で男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳です。中でも、男性の42歳と女性の33歳は「大厄(たいやく)」といい、その前後の年齢も「前厄(まえやく)」「後厄(あとやく)」とされ、特に忌むべき年齢といわれています。

□ いつごろお祓いを受けに行けばよいのですか?
 古くからお正月の松の内、節分など言われておりますが、最近では一年を通してお祓いを受ける方が多いようです。明治神宮では毎日、厄祓祈願を承っております。

□ 厄年ではないのですが最近よくない事が続くのですが
日本では古くから災いは祓い清めることによって除災招福が叶うと信じられてきました。
明治神宮神楽殿では、様々な災いの除災招福祈願も毎日承っております。


〔 平成28年の厄年(数え年) 〕

男  性

前  厄 本  厄 後  厄
24歳
平成5年
25歳
平成4年
26歳
平成3年
41歳
昭和51年
42歳
昭和50年
43歳
昭和49年
60歳
昭和32年
61歳
昭和31年
62歳
昭和30年

女  性

前  厄 本  厄 後  厄
18歳
平成11年
19歳
平成10年
20歳
平成9年
32歳
昭和60年
33歳
昭和59年
34歳
昭和58年
36歳
昭和56年
37歳
昭和55年
38歳
昭和54年
※ 数え年とは、満年齢に誕生日前には2歳、誕生日後には1歳を加えた年齢です。
 神楽殿では毎日お祓いを致しております。


国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問