メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
神道一般
いつから七五三が始まったのですか?
 平安時代中ごろ公家の間で三歳から七・八歳までの男女のお祝いの儀式が行われていたのが七五三の起源になるようです。中世になりますと「髪置(かみおき)」といってそれまで髪を短くしておいたのを、男女三歳にして伸ばしはじめる儀式が行われました。その他にも「帯解(おびとき)」「髪立(かみたて)」「紐落(ひもおとし)」などの行事も行われたようです。

 時代が下るとこれらの儀式は武家社会でも行われ、また今日のような七五三詣は江戸時代からで、しかも江戸を中心にした関東地方に多く、関西ではあまり行われていませんでした。また五代将軍徳川綱吉の子徳松(とくまつ)君がお祝いをしたことから、それにあやかって一般庶民にも広まり、呉服問屋で子ども向けの商品を七五三詣で売り出してから盛んに行われるようになりました。しかしまだこの頃には「七五三」という呼び方はなかったようです。

 「七五三」の語が使われたのは明治時代からで、明治11年の『朝野新聞』に「大晦日に七五三の祝い」の記事がのっています。そして今のような賑わいになったのは意外にも大正時代からだそうです。
なぜ七五三のお祝いをするのですか?
 簡単に説明しますと赤ちゃん(幼児)から子ども(児童)になることをお祝いする行事。つまり「人生の通過儀礼」の一つなのです。昔から「七つ前は神のうち」といって七歳までの子どもは、まだこの世にその命が定着していない状態であると考えられていました。ですから昔は七歳未満の子は人別(にんべつ)帳(戸籍)に載せませんでした。

 七歳になってようやく人間の仲間入り「一人前」と考えられ、そのことを氏神さまにお参りして「氏子(うじこ)入り」の奉告をし、またすこやかな成長を祈願したのでした。その通過儀礼が三歳から七歳の間に行われたのです。
なぜ11月15日に七五三詣をするのですか?
 七五三は正月にも行われたりして必ずしも11月15日だとは限らなかったのです。陰暦の11月15日は十五夜(満月)にあたり古来より霜月(しもつき)の祭の日でした。この日に農家では収穫に感謝するお祭を行いましたが、これは現在宮中と全国の神社で行われる「新嘗祭」(にいなめさい・稲の収穫を祝い神恩に感謝する祭り現在11月23日・勤労感謝の日)にあたります。

 また中国の古い思想「陰陽道<おんみょうどう>」でこの日が年中最上の吉日「一陽来復<いちようらいふく>」(悪い事がつづいたのち、ようやく運が向いてくること。冬がおわり春がくること。)の一つにもなっています。このようなおめでたい日でありますから、この日に七五三参りをすれば、神のご加護も多く感じられたのでしょう。また七五三をたすと十五になることも関係しているようです。

 そして最も決定的といえるのは徳川五代将軍綱吉(つなよし)の子、徳松(とくまつ)君の祝儀が天和(てんな)元年(1681)の11月15日であったことから、これにあやかって広く庶民の間で行われたそうです。しかし現在では11月15日にこだわらず、その前後の都合の良い日に参拝する傾向が強くなってきていますので、この日に絶対お参りしなければいけないということではありません。
七五三は男女それぞれ何歳で祝うのですか?
 七五三の祝いを、古くは「髪置(かみおき)」「袴着(はかまぎ)」「帯解<おびとき>(紐解<ひもとき>)」の祝いといっていました。髪置きは三歳の男女児の祝いで、もう赤ん坊ではないという意味から、今まで剃っていた髪をこの日から伸ばし始める儀式です。

 袴着は五歳の男児の祝いで、初めて袴を着ける儀式、帯解き(紐解き)は七歳の女児の祝いで、着物の着け紐を取り去り帯に替える儀式です。  現在ではその年齢にあたる子どもに晴れ着を着せて、11月15日に神社へ参詣し、子どもたちの生長と健康を感謝するとともに、今後の生長とさらなる健康を祈願する儀礼となりました。
七五三は数え歳でお祝いするのですか?
 本来は数え年で祝いますが、最近では満年齢で祝う割合が高くなりました。ちなみに「数え年」のかぞえかたですが、戦前まで日本人はみんな正月元旦になれば、年が一つ増えたのです。

 例えば平成8年12月31日に生まれた赤ちゃんは、生まれたその日から数え年一歳となり、翌日の平成9年1月1日から数え年二歳となり、たった二日間で二歳になるわけです。(満年齢の数えかたですと、まだ〇歳です。)
なぜ三歳・五歳・七歳にお祝いするのですか?
 地方によっては兵庫県や熊本県のように四歳で行うところもあり、必ずしも七五三の歳に祝うとは限らないのです。七五三の数で行なうのは中国大陸の古い思想から来ているようです。

 陰陽説の中で奇数を陽数(三・五・七・九)つまりめでたい数とする思想(例えば、3月3日はひな祭り<上巳(じょうし)の節句>、5月5日は子供の日<端午(たんご)の節句>、7月7日は七夕、9月9日は菊<重陽(ちょうよう)>の節句)があり、それに基づいていつしか七五三に定着したようです。
三歳は男女両方のお祝いですが、なぜ五歳は男の子、七歳は女の子なのですか?
 本来は年に関係なく男女ともに行われていたようですが、樋口清之先生の説によりますと、当初は三歳は女子、五歳は男子のお祝いだけで七歳のお祝いはなかったのが、七五三の数をそろえるため、江戸時代になってから七歳を女の物日(ものび)<祭日・祝祭日など特別な事の行われる日>として、女子は三歳と七歳の2回やることになったそうです。(樋口清之著『まつりと日本人』)
 
 また江戸時代末期に記された『東都歳時記』に、

 11月15日、嬰児(えいじ)の宮参りは、髪置<かみおき>(三歳男女)、袴着<はかまぎ>(五歳 男子)、帯解<おびとき>(七歳女子)等の祝いなり。分限に応じて各あらたに衣服をととのえ、産土 神<うぶすなかみ>に詣し、親戚の家々を廻り、その夜、親戚知己(ちき)を迎えて宴を設く。

とあり、江戸時代のおわりには現在とほぼ同じような七五三が行われていたことがわかります。

 しかし現在では七五三は年齢に関係なく男女とも行なっています。はじめにも説明しましたように本来は男女の区別なく行われていましたから、三歳はもちろんのこと五歳・七歳も男女ともに七五三詣を行なっても間違いではございません。
千歳飴について教えて下さい
 飴の歴史は古く、中国では六世紀に製法が行われていたそうですが、日本では神武(じんむ)天皇(初代天皇)の御代に「たがね」と呼ばれる飴があったそうです。

 下って平安時代にはすでに京都では売られていたそうです。そして元禄(げんろく)・宝永(ほうえい)<1688〜1711>頃に江戸浅草に七兵衛という飴売りが、長袋にいれて「千歳飴」または「寿命飴」と書いて売り歩いたのが始まりで、飴ではもっとも長い歴史をもっています。
国際神道文化研究所 サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ Q&A一覧 明治神宮関係 御祭神関係 神道一般 御祈願に関するよくある質問