メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
最新情報
- 平成31年・令和元年
天皇陛下御即位奉祝 明治神宮武道場至誠館開設46周年記念行事

写真 写真
祭典 剣道科

写真 写真
武道研修科 弓道科

写真 写真
館長演武 百地講師

10月14日午前10時から約270名が参加し、開設46周年記念行事が執り行われました。祭典後、各科指導員と宇田川館長による奉納演武が行われ、続く記念講演では国士舘大学特任教授の百地章先生に、「女性宮家問題の核心とは何か」と題してご講演いただきました。



10月青少年自然塾

写真 写真

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 10月20日(日)
講 師: 杜のお話
内 容: 明治神宮の杜を管理する松井正主幹のご指導のもと、明治神宮の杜の成り立ちや、現在の杜の状態、杜に住む数々の動植物について、境内を散策しながら学びました。
いつも歩いている参道も、杜に注目して歩くと様々な発見をすることができました。



9月武学

写真 写真

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 9月28日(土) 午後1時30分〜午後3時00分
講 師: 至誠館館長 宇田川哲哉
内 容: 9月の武学講座として、至誠館海外武道講習会成果報告会を開催しました。
至誠館は、武道を通じて諸外国との交流を図り国際理解に貢献することも目的のひとつとしており、その一環で海外での武道講習会へ門人と共に派遣しています。今回は7月、8月の講習会に参加した大学生門人2名による発表も交えて成果報告を行ないました。



9月青少年自然塾

写真 写真

写真 写真

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 9月23日(月・祝) 
講 師: 「稲刈り」体験
内 容: 千葉県船橋市の農家さんのご指導のもと、日本の文化を形成する重要な稲作を学ぶため稲刈りを行ないました。 今年の5月にみんなで植えた苗は大きく成長したくさんの穂を実らせていました。機械でやってしまえばあっという間の作業ですが、 鎌を使って手作業で収穫し、日本古来の稲作文化を体験しました。



北志賀高原武道合宿

写真 写真

写真 写真

写真  

 8月18日から20日の日程で、長野県北志賀高原にて武道合宿を開催しました。今回は青少年から大人まで幅広い年齢の方が参加したほか、海外青少年交流事業としてロシアから来月中の指導員1名と青少年4名も参加しました。
午前・午後の稽古の他、登山や文化研修(諏訪大社、戸隠神社参拝等)を行ない、大自然の中で普段とは違った稽古となり、素晴しい体験となりました。




第10回ISBA国際武道講習会

写真

写真 写真

写真 写真

8月1日から8月9日、ポーランド共和国のスタラ・ビエシにおいて第10回ISBA国際武道講習会が開催され、日本からは指導者と神職・学生門人を含め10名が参加しました。毎日の稽古に加え、文化交流等を行い充実した内容の講習会となりました。
今年はISBA設立10周年の節目の年にあたり、設立当時の主要メンバーも集結し、盛大な式典となりました。




第9回CSBD国際武道講習会

写真 写真

写真 写真

写真 写真

写真  

7月5日から7月15日、ロシア・モスクワ近郊の町ソロンツォヴォで第9回CSBD国際武道講習会が開催されました。今回は館長以下、指導員、神職、事務局に加え、一般門人、大学生門人も参加し併せて9名が至誠館から赴きました。
自然豊かな森の中にある道場は、集中して稽古に取り組める素晴しい環境で、体術・剣術の稽古はもちろん、文化交流等も行い充実した内容の講習会となりました。




6月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 6月15日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 国際武道大学武道学科長 立木幸敏 教授
内 容: 「武道錬成における熱中症、頭部外傷の問題とその予防」 武道、スポーツ競技において重大な事故に繋がる熱中症と頭部外傷について講義していただき、一見軽く見える症状でも重症化することもある等、武道修練を行う者にとって重要な安全管理について学びました。



JOCナショナルコーチアカデミー講習

写真 写真

6月18日、JOC(日本オリンピック委員会)のナショナルコーチアカデミー事業の一環として「武道体験」講習を行ないました。



6月青少年自然塾

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 6月19日(水) 午後6時30分〜午後8時
内 容: 「夜間参拝」体験
普段は立ち入ることのできない日没後の大前にて、茣蓙(ござ)を敷き淨闇(じょうあん)の静けさの中、大祓詞(おおはらえことば)を奏上し、参拝しました。間もなく銅板屋根葺替え工事も終了し、本殿へ遷座となりますが、その前の仮殿にお参りできる貴重な機会となりました。



御即位記念演武奉納行事

写真 写真

写真 写真

写真 写真

写真 写真

写真 写真

写真 写真

日 時: 令和元年5月1日(水) 午後2時00分〜午後3時30分
内 容: 新帝陛下御即位を奉祝するとともに、皇室益々の弥栄を祈念申し上げるため、館長以下、弓道科・剣道科・柔道科・武道研修科の指導員および門人による演武奉納行事を開催しました。



5月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 5月18日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: ノンフィクション作家 神山典士 講師
演 題: 「ライオンの夢-前田光世伝-」ブラジルに渡り柔道を広めた男の生涯
内 容: 明治期に柔道で日本武道の海外への普及に貢献した前田光世の生涯を振り返ることにより、日本という国のイメージの海外への伝播や当時の情勢、武道家としての気概を学ぶ機会となりました。



5月青少年自然塾

写真 写真

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 5月19日(日) 
内 容: 「田植え」体験
千葉県船橋市の農家さんのご指導のもと、日本の重要な文化の一つである稲作を学ぶため田植えを行ないました。 田んぼの中で足をとられながら、四苦八苦しつつも作業を行い、普段いただいているお米が多くの手間をかけて作られている事を学ぶとともに、共同作業の大切さを実感しました。



4月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 4月13日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 明治神宮武道場至誠館運営委員 田尾憲男 講師
内 容: 「御代替りと日本の国柄について」
日本の国柄の特色や4月1日に発表された新元号について学び、新たな御代を迎えるこれからの日本の在り方を考える機会となりました。



4月青少年自然塾

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 4月14日(日) 午前11時10分〜午後0時30分
講 師: 青少年自然塾 橋南海 講師
内 容: 境内ハイクで俳句づくり
桜が舞い、春の気配が濃くなってきた境内を散策し俳句を詠みました。子供らしい自由な句を詠みながら、季節の移ろいを感じ表現してきた日本人の文化を学びました。



第37回「明治神宮奉納遠的射会」

写真

昭憲皇太后祭記念行事として、4月7日に第37回「明治神宮奉納遠的射会」を開催しました。 今回は98人が参加し、これまでに15回以上参加し300射奉納した2人、10回参加し200射奉納した2人、5回参加し100射奉納した6人に、記念品を贈呈しました。



第11回 神社剣道錬成会

写真 写真

3月26日に「第11回 神社剣道錬成会」が乃木神社で開催されました。乃木神社、日光東照宮、鶴岡八幡宮、鹿島神宮、明治神宮の境内で剣道の錬成を行なっている青少年が集い、至誠館からは6人が参加し錬成に励みました。



3月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 3月16日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 明治神宮武道場至誠館運営委員 田尾憲男 講師
内 容: 「御代替りと日本の国柄(国体)について(前編)〜皇室の伝統と御代替りの諸儀式」
今上陛下は4月30日に譲位され、5月1日に新帝が即位されます。それと同時に元号も平成から新しい元号に改元します。この皇位継承に伴う伝統的な御代替りの諸儀式の意義を知るとともに、それを通して見えてくる誇るべき我が国の国柄について学びました。来るべき御譲位の日、御即位の日に向け他国に例を見ない日本の国体を学び直す機会となりました。



3月青少年自然塾

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 3月17日(日) 午前11時10分〜午後0時30分
講 師: 武道研修科 奥田祥弘 講師
内 容: 災害時対応講座(救急法・非常食体験)
平成23年3月11日から8年を迎え、東日本大震災の教訓を忘れないために災害時の対応講座を行いました。救急法や非常食の体験を通じ、いざという時に何ができるのかを学びました。



ポーランド外務事務次官が来訪

写真 写真

3月23日、ポーランドの マチェイ・ラング外務事務次官が来訪し、宇田川館長以下、弓道科・武道研修科の指導員による弓道と合気道・鹿島の太刀の演武をご覧いただきました。



寒稽古

写真 写真

恒例の寒稽古(朝6時半〜7時半)を以下の日程で行いました。
・柔道科、剣道科、弓道科 1月14日〜20日
・武道研修科 1月21日〜27日
参加者数はのべ1,050人、うち皆勤は84人でした。



フィンランド国防大臣表敬

写真 写真

 2月6日、フォンランド共和国 ユッシ・ニーニスト国防大臣、ペッカ・オルパナ駐日大使外8人が来訪し、宇田川館長以下、武道研修科指導員、同門人による合気道と鹿島の太刀、短刀術等の演武をご覧いただきました。



越年稽古・年越射会

 大晦日から新年にかけて、弓道場では第19回明治神宮奉納年越射会が明治神宮主催で行われ367名が参加しました。
 また、剣道科と武道研修科では年越稽古を行い、剣道科門人19名、武道研修科門人21名が参加しました。




武道事始

 1月13日(日)午前10時より武道事始を開催し、263名が参加しました。はじめに奉告祭を執り行いました。

写真

 次に、剣道科、柔道科、武道研修科の奉納演武が行なわれ、弓道場に場所を移して弓道科、宇田川館長・稲場名誉師範の演武が行われました。

写真

 特別講演では、日本大学危機管理学部教授である先崎彰容先生に「葦津珍彦と近代日本」とのテーマで講演いただきました。

写真  

 ひきつづき、各科昇段者の披露と明治神宮至誠館武道段位の授与式が行なわれ、各科合計10名の門人が同段位を取得しました。



- 平成30年
12月青少年自然塾

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 12月16日(日) 午前11時00分〜午後1時00分
講 師: NPO法人響
内 容: 注連縄作り
 今年で9年目になる、恒例の注連縄作りを行いました。明治神宮内で収穫した稲の藁から自分で作りあげた注連縄には既製品とは違う思いがこもっており、みんな喜んで家に持って帰っていました。



大掃除・餅つき

写真 写真

 12月9日(日)に、至誠会主催による、大掃除と餅つきを行いました。天候にも恵まれ、道場を磨いて働いたあと、自分たちで搗いたお餅はおいしさも格別でした。



12月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 12月8日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 明治神宮国際神道文化研究所主任研究員 打越 孝明 講師
内 容: 明治維新150年講話E「明治元年の日本 〜明治天皇をしのぶ〜」
明治維新150年講話最終回として、明治元年前後の日本近代史をご講義いただきました。明治維新という激動の時代の史実を、聖徳記念絵画館の壁画と照らし合わせながら解説していただきました。



11月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 11月10日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 明治神宮国際神道文化研究所主任研究員 今泉 宜子 講師
内 容: 「明治日本が見た世界 〜巨大壁画でたどる日本開国史〜」
聖徳記念絵画館で開催されている「明治維新150年記念特別展」を見学にいきました。最初に今泉講師に特別展で取り上げている5つのテーマと展示物について解説を頂き、その後各々で館内を自由見学しました。



海外武道研修生発表会

写真 写真

 11月5日、スイスからの海外武道研修生ジャンミッシェル・カリゼウスキ氏の研修発表会を社務所で開催しました。カリゼウスキ氏は9月27日から11月12日まで滞在して武道と日本文化について研修しており、その成果を「日本/東京/明治神宮/至誠館に於ける神道・武道文化の体験」と題して発表しました。



10月青少年自然塾

写真 写真

 10月20日、聖徳記念絵画館で開催中の明治維新150年特別記念展「明治日本が見た世界〜 巨大壁画でたどる日本開国史〜」を見学に行きました。小学生にとって歴史の詳細を理解することは難しいようでしたが、圧倒的なスケールの絵画には驚きの声を上げていました。



至誠館開設45周年記念式典

写真 写真

写真 写真

 10月8日午前10時から約350名が参加し祭典が執り行われました。式典後、荒谷館長による奉納演武が行われ、続く記念講演では東京大学名誉教授の小堀桂一郎先生に、「楠木正成公の精神」と題してご講演いただきました。



至誠館開設45周年記念武道大会

写真 写真
大会に先立ち正式参拝

写真 写真
弓道科  

写真 写真
剣道科  

写真 写真
柔道科  

写真 写真
武道研修科  

写真

 開設45周年記念式典に先立って、10月7日に武道大会を開催しました。早朝には禊を行い、柔道・剣道・弓道・武道研修、各科の指導員と門人約300名が、日頃の成果を奉納しました。



館長交代

 10月10日付で荒谷卓館長が退任し、10月11日付で宇田川哲哉専任師範が館長に就任しました。



第9回ISBA国際武道講習会

写真 写真

写真 写真
 8月19日から8月24日の日程で、フランスのカレーにおいて第9回ISBA国際武道講習会が開催され、日本からは指導者と神職を含め11名が参加しました。毎日午前と午後2時間ずつの稽古に加え、最終日には早朝にドーバー海峡に面した海岸で禊行を行いました。全員で一斉に海に浸かって大祓詞を奏上し、その後ちょうど昇ってきた朝日に向かって浜辺で素振りをしました。また合宿間中、カレー市長ナターシャ・ブシャール女史に面会し、市長からは歓迎の言葉をいただきました。
 参加者はヨーロッパ10カ国から総勢約120名が集まり、大規模な講習会になりました。



第8回CSBD国際武道講習会

写真 写真

写真 写真
 7月31日から8月9日の日程で、ロシアのノヴゴロド州スタラヤルーサで開催された第8回CSBD国際武道講習会に参加しました。今回は日露青年交流センターとの共催事業として、指導員、神職、事務局を含む6名の他、一般門人3名、大学生6名、中高生13名の総勢28名が至誠館から赴きました。
 体術・剣術の稽古はもちろん、日露戦争時代の日本人捕虜の墓石や、ロシア最古の町のひとつであるノヴゴロドの城塞跡の見学など盛りだくさんの文化研修で、充実した内容の講習会となりました。




7月武学
写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 7月21日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 竹田研究所代表 竹田 恒泰 講師
内 容: 明治維新150年講話D「孝明天皇」
孝明天皇研究家として、江戸末期から明治維新にかけての騒乱の時代に最も重要な役割を担われた孝明天皇のご活躍を、独自の研究からお話いただきました。



第10回 神社剣道錬成会

写真 写真

写真 写真

 7月16日に「第10回 神社剣道錬成会」を開催しました。乃木神社、日光東照宮、鶴岡八幡宮、鹿島神宮、明治神宮から90余名の青少年を含め総勢約140名の参加があり、猛暑の中錬成に励みました。



7月青少年自然塾

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 7月8日(日) 午前10時00分〜午前11時00分
講 師: ウエカツ水産代表 上田 勝彦 講師
内 容: 魚のお話
ウエカツさんが「魚と日本の食卓をつなぎなおす」活動を推進する魚の伝道師と呼ばれるに至った経緯を、生い立ちに沿ってお話ししていただきました。



第36回 明治神宮奉納遠的射会

写真 写真

 7月8日に明治天皇祭記念行事として「第36回 明治神宮奉納遠的射会」を開催しました。今回は82名の方が各20射の奉納を行いました。またこれまでに10回参加され200射奉納した7名、5回参加し100射奉納した5名に、記念品を贈呈しました。



6月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 6月16日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 日本兵法研究会会長 家村 和幸 講師
内 容: 日本神話「神武東征」
カムヤマトイワレビコノミコト(神武天皇)が日向を出発してから橿原で即位するまでの過程を、多くの古典や海外の資料を調査・研究された独自の戦略的・戦術的視点を交えながらご講義いただきました。



6月青少年自然塾

写真 写真

 6月6日18時半に至誠館に集合し、夜間参拝をしました。
 本殿の銅板屋根葺替え工事のため、5月に遷座したばかりの仮殿前にて、茣蓙を敷き淨闇(じょうあん)の静けさの中、大祓詞(おおはらえことば)を奏上し、参拝しました。




5月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 5月19日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 近代思想史研究者 先崎 彰容 講師
内 容: 明治維新150年講話C
「西郷隆盛」 150年前の明治維新時の日本への西洋文明流入と現代の世界的グローバリズムを対比し、現代に生きる日本人の進むべき方向の手掛かりとなる西郷隆盛の思想などをご講義いただきました。



5月武道合宿

写真 写真

写真 写真

 5月4日〜8日に、三重県熊野市にて武道合宿を実施しました。早朝、午前、午後の稽古の他、文化研修として、熊野本宮大社、楯ヶ崎、花の窟神社などを巡りました。また合宿施設の傍を流れる清流・大又川で大祓詞(おおはらえことば)を奏上し、禊行を行いました。



4月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 4月21日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 加藤 淳 講師
内 容: 明治維新150年講話B「清河八郎」
庄内藩出身の郷士、清河八郎が、虎尾(こび)の会を率いて明治維新の火付け役となり、さらに浪士組を編成し天皇の軍隊としようとしたことなど、清河八郎の年譜と世の中の動向の比較や、山岡鉄舟など他の志士等との関わりなどをご講義いただきました。



第35回「明治神宮奉納遠的射会」

写真 写真

 昭憲皇太后祭記念行事として、4月8日に第35回「明治神宮奉納遠的射会」を開催しました。 今回は99人が参加し、これまでに10回参加され200射奉納した3人、5回参加し100射奉納した8人に、記念品を贈呈しました。



3月青少年合宿 三重県熊野市

写真 写真

写真 写真

 3月26日から29日にかけて、三重県熊野市で3泊4日の青少年合宿を開催しました。宿泊施設では、朝昼晩の炊事と片付け、使用した部屋や大広間、武道場の掃除等すべて自分たちで行いました。文化研修では、世界遺産にも登録されている熊野速玉神社、神倉神社、に参拝し、鬼ヶ城、楯ヶ崎を巡りました。合宿期間中は晴天に恵まれ、大自然の中、稽古、研修ともに充実した学びになりました。



3月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 3月17日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 勝海舟の会 副会長 若森 政伸 講師
内 容: 明治維新150年講話②「勝海舟」



2月青少年自然塾

写真 写真

 2月25日(日)「鉛筆削り」を体験して、刃物の扱い方を練習しました。後半は、自分で削った鉛筆を使って、紙の上で鉛筆を飛ばして遊ぶレースのゲームをしました。



フィンランド共和国ティモ・ソイニ外務大臣来訪


写真 写真

 2月20日、フィンランド共和国ティモ・ソイニ外務大臣一行が御本殿で参拝した後、至誠館に来館し、石川師範、飯島講師、坂本講師による弓道の矢渡をご覧になりました。



2月武学

写真 写真

以下の内容で開催しました。
日 時: 2月17日(土) 午後1時30分〜午後3時30分
講 師: 四宮政治文化研究所代表 四宮 正貴 講師
内 容: 明治維新150年講話①「幕末の情勢と国学」



1月青少年自然塾

写真 写真

 1月28日(日)「昭和の昔遊び」を体験しました。けん玉、めんこ、ビー玉、おはじき、コマ回し、あや取り、ゴム跳びなどで身体全体を使って遊びました。



1月寒稽古

写真 写真

写真 写真

 恒例の寒稽古(朝6時半〜7時半)を以下の日程で行いました。
 ・武道研修科 1月8日〜14日
 ・柔道科、剣道科、弓道科 1月15日〜21日
 参加者数はのべ1,251人、うち皆勤は94人でした。




サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ 最新情報 至誠館の歩み 図書紹介 入門案内・施設概要・地図 コラム「大和心」 武道とはなにか 寄稿「私と武道」 海外要人の来訪 各課の鍛錬時間 年間行事とお知らせ 国際交流 至誠会(門人の会)便り