メニュー
明治神宮ロゴ
メニュー
コラム「大和心」
タイトル

武道における力の発揚のアイデア

 武道における力の使い方は、一般のスポーツにおけるそれとは大きく異なる。スポーツの場合、身体のパーツの力の合計が力であるという科学的な発想で肉体のパーツを強化することに主眼を置くことが多い。これにたいし、武道の場合、内面にある力の効率性を高め、分散している力の統一を高めれば、武術的な高みに到達することができるという発想である。だから武道においては、肉体的なピークを過ぎた後に、武道家としてのピークに到達することが多い。

 そこで武道では、内面に分散している力をいかに「集中・管理」できるかが課題となり、そのために身体の中心に、力の「中央制御装置」としての「意識の集約点」を設定することが重要な要素になってくる。

 瞑想や座禅にも意識を一か所に集約するという業は存在するが、武術の難しいところは、意識を集約したまま身体を動かさなければならない点にある。つまり、集約した意識=力を分散させないようにしながら、その力を外に作用させるのである。

 これがさらに武術的な高みに到達すると、自己の肉体の中に分散した力にとどまらず、接触した他のものまでその仕組みの中に巻き込んでしまう。つまり、自分が使う武器や相対する人間まで、自分の中心から発するエネルギーの動きの中に取り入れてしまうのである。この域までいった人が、俗に「武道の達人」と言われる人たちだ。

 武道では臍下丹田が中核としての意識の集約点なのだが、鍛錬を重ねれば、この意識の強弱によって、そこから発揚する力の強弱、方向性までを管理できるようになる。

 では、力を身体の中心に集約したまま、そのエネルギーを減退させずに発揚させる仕組みとはいかなるものなのだろうか? 一言で言うとそれはエネルギーの循環である。中心からでたエネルギーが減衰することなくまた戻る。そのための循環ルートを確立することが鍵になる。

 これは言葉だけで説明できるものではなく体感していくしかないのだが、比較的目で見て分かりやすいものの例として剣術がある。例えば、鹿島の太刀では、直線の動きではなく必ず螺旋を描くような動きをするのである。

 これはまさしくエネルギーが中核から出て、中核に戻る循環の動きを、剣を使って描いたものだ。そうすることでエネルギーが減衰しない仕組みを確立しているのである。

 エネルギーは、一か所に溜まって沈滞すると減衰してしまう。循環・反応することによってしか減衰を防ぐことはできない。このため、一人で閉じこもらず、常に自然との関わりや社会との接触によって外のエネルギーを体内に取り入れ、循環させるのである。

 ここで重要な点は、自己の中核が、外部との接触によって変質することがあってはならないということである。これが崩れると、エネルギーは散逸し烏有に帰す。

 つまり、相手のエネルギーや意志を受け入れながらも、自らのエネルギーや意志を変化させずに、自らの力として相手に作用させていくのである。これは武術的には相手の攻撃を受けながらも、それを逆に自らの力として相手に作用させることとなる。

 武道的な力の発想も精神的な力の発想も、原点はここに見出すことができる。これは、自然の持つ力の循環性を体内に取り込み、体の中で力の循環を創り出そうという神道の自然観に基づく発想だろう。このような古から存在した自然観やさまざまな社会概念が、武道の中に投影されて現在まで引き継がれている。

社会において「変わりゆくもの」と「不変的なもの」を見極める

 この原理や発想は社会全体にも通用する。発展成長する社会とは、核心がぶれることなくエネルギーの循環が滞りなく行われている社会である。

 かつての日本も、仏教や儒教、近代欧米思想など他の価値観を受け入れながらも、日本民族の本質を維持することで、これらを成長のエネルギーとして活用し、日本社会の発展を遂げてきた。

 現代の日本社会には停滞感が漂っているが、エネルギーが滞り減衰する原因は主に二つ考えられる。一つは中核を変質させ見失ってしまったことであり、もう一つは新しいものを受け入れなくなったことである。逆に言うと、この二つの要素が健全化すればエネルギーは再び活性化することになる。

 現代社会において無理に新たな中核をつくろうとしても逆に意見が2分3分するものだ。社会とは、経験的に成立してきているのだから、歴史を観察し、「変わるもの」と「変わらざるもの」が何なのかを知ることで、真の中核を発見することができる。神代の昔からずっと変わらずに残っているもの、すなわち天津日嗣(あまつひつぎ)の皇統が日本社会の中核である。

 大事なのは真の中核となるべきものと、時代時代で変わるイデオロギーや法とをしっかり区別することである。後者は変質し衰えていく要素であり、変えるべきものである。

 変えるべきものを変えまいとしてもそこから新たなエネルギーは生まれない。中核をとり間違えれば新しい風を起こすことはできないのだ。

 そしてもう一つの要素である「新しいものを受け入れる」ためには、斬新な発想やアイデアを取り入れ、新たなシステムをつくるために大きな課題に挑むことである。陋習(ろうしゅう)に囚われていたのでは新風は巻き起こせない。

 既存の常識や秩序から抜け出し、新しい秩序体系を作って動き出すことでしか、新たなエネルギーは生まれない。かつてフランスの思想家は、明治維新を評して『自殺行為』と呼んだ。そのような大きな改革を日本人はやってのけた。社会の中核さえしっかりと維持していれば、変化を恐れることはない。

 日本のみならず世界は今、社会に正しい中核を据えて、斬新なシステムをつくるべく、大胆なチャレンジをすべき時が来ていると感ずる。(あ)

-大和心トップに戻る-

サイトマップ お問い合わせ Q&A 明治神宮外苑 明治神宮の結婚式 刊行物の御案内 崇敬会について 武道場 至誠館 国際神道文化研究所 宝物殿 明治神宮へのアクセス 明治神宮の自然、みどころ ご参拝されるかたへ 祭典と行事 明治神宮とは トップページへ 最新情報 至誠館の歩み 図書紹介 入門案内・施設概要・地図 コラム「大和心」 武道とはなにか 寄稿「私と武道」 海外要人の来訪 各課の鍛錬時間 年間行事とお知らせ 国際交流 至誠会(門人の会)便り