■ 初詣の対策について

 

明治神宮では、東京都の年末年始の新型コロナウイルス感染症拡大防止対策を熟慮し、大晦日から元旦にかけての終夜開門を自粛し、大晦日は16:00に閉門することと致しました。なお、すでに境内ではさまざまな感染防止策を取っておりますが、初詣にあたって参拝路の規制をはじめ、さらなる対策を講じます。皆様には「分散参拝」のご協力をお願い致します。

 

 

【開閉門時間】

 

          開門      閉門 

  

31日     6:40 ~ 16:00 

 

元日      6:00 ~ 18:30頃 

 

2日・3日   6:40 ~ 18:00頃  

 

4日      6:40 ~ 17:30頃  

 

5日以降    6:40 ~ 16:20

 

 

※大晦日は閉門します。

 

※1月の開門時間は、6:40ですが、元日は6:00に開門します。また、閉門時間は状況により変更する場合があります。

 

※例年、三が日の10:00以降の時間帯は混みあいます。分散参拝にご協力をお願いします。

 

今後の感染状況等の最新情報に基づき、対策を変更することがあります。

 

 

 

【参拝のみなさまへのお願い】

 

次の事項に該当する方はご参拝をご遠慮ください

 

・37.5度以上の発熱や咳、咽頭痛等の症状がある方

 

・原則マスクの着用、咳エチケットに協力いただけない方

 

・新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方

 

・同居家族や身近な知人に感染が疑われる方

 

 

 

【境内・授与所における対策】

 

・参道での“密” を避けるため、参拝路を規制すると共に、前後左右の人との間隔をあけていただくよう看板を設置、参道と御社殿前の石畳上に目安となる表示をします

 

・流水式特設の手水所を増設します

 

・授与所(おふだ・お守り・おみくじ・御朱印等)は、例年の御本殿付近ではなく、参拝を済まされ人混みが少しでも緩和された原宿、代々木方面は参拝者駐車場(明治神宮会館前)、参宮橋方面は西参道芝地に特設します

 

・授与所では、参拝者がお守りなどに直接手に触れぬようケースに防護パネルを取り付け、おふだやお守りの見本・看板を充実させ、授与時間の短縮を図ります

 

・対面での飛沫防止対策をします

 

・各所の消毒、清掃、換気を徹底します

 

・飲食を伴う店舗の出店はありません

 

 

 

【祈願祭での対策】(元旦より2月末まで)

 

・受付、待合所、神楽殿内願主席の消毒、清掃、換気を徹底します

 

・祈願祭の参列者は、一件につき最大5名までに制限します

 

・通常は30分ごとにとり行っておりましたが、準備が整い次第随時ご案内します

 

・巫女による神楽舞の奉奏を取り止めて、時間短縮を図ります

 

・神酒直会は行いません

 

 

 

【職員・関係者の対策】

 

・マスクの着用、手洗い・うがい、出勤前の検温等健康状態の確認を徹底しています

 

・発熱や風邪等の症状がある場合は、出勤を停止します