明治神宮とは 明治神宮とは

明治神宮は、東京都渋谷区にある神社です。第122代天皇の明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としています。
初詣では例年日本一の参拝者数となります。

ごさいじん 御祭神

しょうけんこうたいごう 昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

しょうけんこうたいごう 昭憲皇太后(明治天皇の皇后)

めいじてんのう 明治天皇(第122代の天皇)

めいじてんのう 明治天皇(第122代の天皇)

そうけん 創建

大正9年(1920)11月1日

ちんざち 鎮座地

東京都渋谷区代々木神園町1番1号

明治神宮の杜は人工林

明治神宮は明治天皇と皇后の昭憲皇太后をおまつりする神社です。
およそ70万平方メートルの広大な鎮守の杜は、明治神宮創建にあたって全国から献木された約10万本を植栽し、「永遠の杜」を目指して造成された人工林です。

国民の願いで創建

明治45年(1912)に明治天皇が、大正3年(1914)に昭憲皇太后が崩御になりましたが、国民から御神霊をおまつりして御聖徳を永久に敬い、お慕いしたいとの熱い願いが沸き上がり、御祭神とゆかりの深い代々木の地に創建されました。

明治神宮歴史データベース

明治神宮の杜は人工林

祈りの杜

祈りの杜

以来、明治神宮では皇室の弥栄(いやさか)とわが国の隆盛、世界の平和をお祈りしています。
初詣は例年、日本一となるほどの参拝者数を集めますが、平常は豊かに大きく成長した杜と森厳な神気が静かに人々の祈りを包みこんでいます。年間を通じて祭典・行事が行われており、春秋の大祭ではさまざまな奉祝奉納行事が境内を賑わします。
また、結婚式から初宮詣、七五三など人生儀礼のお参りから家内安全、厄祓等の御祈願をとり行っています。

ご祈願の方へ

点在する見どころ

点在する見どころ

また境内には、御祭神・明治天皇が皇后のために整備し、花菖蒲を植えさせられた御苑、重要文化財の宝物殿(現在は工事中)、明治神宮のことがより詳しく理解できる明治神宮ミュージアムなどのみどころや、参拝後にのんびりとくつろげる芝地やカフェなどがあります。