11

17

18

19

20

21

22

北池

西参道

北参道

南参道

南池

正参道

祓舎

御苑北門

参拝者駐車場

原宿駅(JR)

↓渋谷駅(JR)

表参道

明治神宮前<原宿>駅
(千代田線・副都心線)

←参宮橋駅(小田急線)

→北参道駅(副都心線)

↑代々木駅(JR・大江戸線)

P1

P2

アイコン

アイコン

アイコン

トイレ

トイレ

トイレ

トイレ

トイレ

境内地図
境内地図

<ご注意>

  • 林内には立ち入らないでください。
  • 動植物の採取、持ち込みは禁止しております。
  • お車でお越しの際は、代々木口からのみの入苑となります。

<明治神宮の開閉門時間>

日の出、日の入りによって、月ごとに変わります。

明治神宮の開閉門時間はこちら

施設のご紹介

  • 1本殿(ほんでん)

    三間社流造の本殿。先の大戦で戦渦に遭い、昭和33年(1958)に復興しました。

    ご参拝の方へ

  • 2神楽殿(かぐらでん)

    家内安全、厄祓、初宮や七五三詣等、さまざまなご祈願を行っています。

    ご参拝・ご祈願

  • 3長殿(ながどの)

    おふだ・お守りをおわかちする授与所です。

    おふだ・お守り・おみくじ

  • 4客殿(きゃくでん)

    結婚式の控室などがあります。

  • 5車祓舎(くるまはらえしゃ)

    神楽殿で交通安全祈願の後、ここで車のお祓いをします。

  • 6社務所(しゃむしょ)

  • 7隔雲亭(かくうんてい)

    明治天皇が昭憲皇太后の御休所として建てられました(昭和33年再建)。

    明治神宮御苑

  • 8明治神宮ミュージアム

    御祭神のおゆかりの御品々を保管するとともに、明治神宮をより深く理解いただくための展示施設です。

    明治神宮ミュージアム

  • 9フォレストテラス明治神宮

    レストランやカフェ、フードコートなど。参拝記念品もそろっています。

    フォレストテラス明治神宮

  • 10CAFÉ「杜のテラス」

    社のカフェで憩いのひとときを。

    CAFÉ「杜のテラス」

  • 11桃林荘(とうりんそう)

    御祭神ゆかりの「桃華殿」を移築した建物です。

  • 12参集殿(さんしゅうでん)

    約500人を収容できるホールがあります。

  • 13明治神宮崇敬会本部(めいじじんぐうすうけいかいほんぶ)

    明治神宮を崇敬・奉賛する会。随時入会を受け付けています。
    電話 03-3320-5700(9:00~17:00)

    崇敬会

  • 14明治神宮会館(めいじじんぐうかいかん)

    1,900席の大ホールがあります。

  • 15宝物殿(ほうもつでん)

    わが国初期の鉄筋コンクリート建築で、国の重要文化財に指定されています。
    ※現在、耐震工事施工のため休館中。

    宝物殿

  • 16至誠館(しせいかん)

    弓道科・柔道科・剣道科・武道研修科(合気道・鹿島の太刀)からなる総合武道場。一般の入門を受け付けています。

    至誠館

  • 17至誠館第二弓道場(しせいかんだいにきゅうどうじょう)

    (公財)全日本弓道連盟の中央道場でもあります。

境内の見どころ

  • 18代々木(よよぎ)

    ここに代々「樅(もみ)」の大木が育ち「代々木」という地名が生まれました。

  • 19日本一の大鳥居

    木造の明神鳥居としては日本一。鳥居の高さ12m、柱間9.1m、柱の径1.2m、笠木(かさぎ)の長さ17m。

  • 20御苑(ぎょえん)

    江戸初期以来、加藤家・井伊家の下屋敷の庭園で、武蔵野特有の雑木林の面影があり、四季折々の風情が楽しめます(年中無休)。

    明治神宮御苑

  • 21清正井(きよまさのいど)

    加藤清正が堀ったと伝えられる、都内有数の名湧水です。

    清正井

  • 22菖蒲田(しょうぶだ)

    明治天皇は昭憲皇太后のために花菖蒲を植えさせられました。現在、150種・1,500株の花菖蒲がその美しさを競い合います(6月上・中旬が見頃)。

    御苑の花菖蒲