宝物殿(工事中)

宝物殿は明治神宮境内の北方にあり、明治神宮が創建された翌年の大正10年(1921)10月末に竣功、奈良の正倉院の校倉造りを模した校倉風大床造り(あぜくらふうおおゆかづくり)と称し、我が国初期の鉄筋コンクリート建築の代表的な建物です。各部には巧みに和洋折衷を試みた花崗石張の堅牢優美な建物で、平成23年6月に国の重要文化財に指定されました。

宝物殿では御祭神の御物――日常ご使用の机、文房具、ご愛読の書籍、ご乗車の馬車、その他の調度品が陳列されておりましたが、屋根の修復並びに重要文化財としての保存に必要な耐震工事を行うため、平成29年1月9日をもってしばらく閉館することとなりました。
現在、御祭神ゆかりの品々は、明治神宮鎮座百年祭を記念し、令和元年10月に開館した明治神宮ミュージアムに収蔵、展示されています。