4月1日より、ウェブサイトをリニューアルしました。

 

 

 下記の祭典は、新型コロナウイルス感染防止のため、参列をご遠慮いただくことと致しました。

 参列をご予定いただいていた皆様方にはたいへん申し訳ございませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

  4月11日 (土) 10:00~  昭憲皇太后祭  

  4月19日 (日) 10:00~  立皇嗣礼当日祭

 

 

 新型コロナウィルス感染防止のため、明治神宮ミュージアムは当面の間、臨時休館致します。再開につきましては、決まり次第お知らせ致します。来館をご予定いただいていた皆様方には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

■ 4月11日は昭憲皇太后祭です

 

 4月11日、午前10時から昭憲皇太后祭が行われます。

 昭憲皇太后は皇后として明治天皇を内よりお支えになり、国母陛下と慕われました。ご在世中、女子教育の普及や日本赤十字社の設立など社会福祉事業に尽力され、大正3年4月11日に崩御されました。この日にあわせ、「昭憲皇太后基金」が世界各国の赤十字・赤新月社に配分されます。同基金は、昭憲皇太后の慈しみの御心によって平時の救護事業のために創設されたもので、今日に受け継がれています。

 祭典では昭憲皇太后が詠まれた御歌(みうた)からつくられた神楽「呉竹の舞(くれたけのまい)」が奉奏されます。

※新型コロナウイルス感染防止のため、祭典の参列はご遠慮いただくことと致しました。

昭憲皇太后基金とは

 5月2、3日に「明治神宮鎮座百年 春の大祭」が行われます。祭典では、世界平和を祈る昭和天皇の御製(ぎょせい)からつくられた神楽「浦安の舞」が舞われます。

 本年は、新型コロナウイルス感染防止のため、参列をご遠慮いただくことと致しました。 

 また、春の大祭にあわせて伝統芸能が奉納される予定ですが、こちらも感染症対策として、参拝の方々からはご覧いただくことができません。

 参列者のない祭典および陪観できない奉納行事という異例の春の大祭ですが、感染症の鎮静化と世界の平和を切に祈りつつ、厳粛裡にとり行います。

 

 

 5月5日のこどもの日に開催予定の「神宮の森のこいのぼり子供大会」 は、新型コロナウイルス感染予防のため、中止となりました。

 

 5月6日に開催予定でした、第142回明治記念綜合短歌大会は新型コロナウイルス感染予防のため、中止となりました。

 

「神宮の杜芸術祝祭」祭る。祈る。創る。

  -持続可能な自然と芸術文化- 

 

 日本博主催・明治神宮鎮座百年祭連携事業として「神宮の杜芸術祝祭」が開幕致しました。令和2年3月20日から令和3年3月31日までの約1年間、 明治神宮の杜を舞台にさまざまな芸術・文化プログラムが開催されます。 

 オープニングプロジェクトとして下記のプログラムを開催中です。

 

 

 

 

神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」 

東北被災地復興支援「サンクスフラワー・プロジェクト」展

 

詳細は公式ホームページをご覧ください

https://jingu-artfest.jp/