■ 4月11日に昭憲皇太后祭を行いました

■ 4月11日に昭憲皇太后祭を行いました

 4月11日午前11時より昭憲皇太后祭が行われました。本年は、新型コロナウイルス感染防止のため、神職のみでお祭りが行われました。 昭憲皇太后は皇后として明治天皇を内よりお支えになり、国母陛下と慕われました。ご在世中、女子教育の普及や日本赤十字社の設立など社会福祉事業に尽力され、大正3年4月11日に崩御されました。 この日にあわせ、「昭憲皇太后基金」が世界各国の赤十字・赤新月社に配分されます。同基金は、昭憲皇太后の慈しみの御心によって平時の救護事業のために創設されたもので、今日に受け継がれています。 祭典では昭憲皇太后が詠まれた御歌(みうた)からつくられた神楽「呉竹の舞(くれたけのまい)」が奉奏されました。

 

昭憲皇太后基金とは

 

 

今年は総額4,440万円(40万160スイスフラン)で、配分は次の通りです。 

 

1. ナミビア赤十字社(アフリカ):約 321 万円 (28,940 スイスフラン)

   学校における救急法の普及   

   国内の学校10校において救急法の講習を実施します。

 

2. シエラレオネ赤十字社(アフリカ):約269 万円(24,226 スイスフラン)

   献血と緊急時の産科ケアへの取り組み

   特に妊婦や乳児が安全な血液製剤を利用できるよう目指します。

 

3. ウガンダ赤十字社(アフリカ):約 333 万円(30,000 スイスフラン)

   オンラインでの献血者募集

   オンラインを活用し、献血者の募集に取り組みます。

 

4. アルゼンチン赤十字社(南アメリカ):約 252 万円(22,694 スイスフラン)

   オンラインを活用した赤十字社における幹部職員の養成

   オンライン上での対話や議論が可能なコースを作成し、各地域における赤十字社の幹部職員を養成し 

   ます。

 

5. パナマ赤十字社(南アメリカ):約 365 万円(32,882 スイスフラン)

   和教育と環境教育の推進   

   開発戦略の一環として、社会課題や環境問題に対応するため、平和教育と環境教育を推進します。

 

6. トリニダード・トバゴ赤十字社(南アメリカ):約 332 万円(29,900 スイスフラン)

   バーチャルリアリティを活用した防災事業

   バーチャルリアリティの技術を活用して、地震やハリケーンに対する社会の防災意識を高めます。

 

7. 東ティモール赤十字社(アジア大洋州):約 331万円(29,799 スイスフラン)

   性と生殖に関する健康についての若年層の知識向上

   性と生殖に関する健康について若年層への教育キャンペーンを実施し、社会の理解向上を図ります。

 

8. トンガ赤十字社(アジア大洋州):約 378万円(34,100 スイスフラン)

   障がいのある子どもたちへの支援

   障がい者センターにおいて、子どもたちが安全に移動できるよう支援します。 

 

9. ブルガリア赤十字社(ヨーロッパ):約 311 万円(28,000 スイスフラン)

   オンラインを活用した救急法の普及

   オンライン上で救急法を学べるツールを作成し、普及します。

 

10.ギリシャ赤十字社(ヨーロッパ):約 314万円(28,250 スイスフラン)

   防災事業への取り組み

   支部や地域コミュニティにおいて災害対応チームを結成します。

 

11.リトアニア赤十字社(ヨーロッパ):約 275万円(24,810 スイスフラン)

   救急法の普及

   救急法の講習受講者に対して、家族や友人、職場への更なる普及への協力を呼びかけます。

 

12.モンテネグロ赤十字社(ヨーロッパ):約 313万円(28,188 スイスフラン)

   ボランティア活動の強化

   若手ボランティアのリーダーを通して、ボランティア活動に対する意識の向上を図ります。

 

13.イラク赤新月社(中東・北アフリカ):約315万円(28,371 スイスフラン)

   乳がんに関する意識の向上

   女性ボランティアを養成し、乳がんの発生率を抑えたり早期発見したりするための情報を発信し、意識

   し向上を目指します。

 

14.パレスチナ赤新月社(中東・北アフリカ):約 333 万円(30,000 スイスフラン)

   赤新月社の組織体制の強化

   IT 研究室を設置し、パレスチナ赤新月社の職員やボランティアの研修の場とします。

 

   ※1CHF=110.98円(4月6日レート)