■ 100回目を迎えた昭憲皇太后基金の配分先が決定しました

■ 100回目を迎えた昭憲皇太后基金の配分先が決定しました

 

4月11日午前10時より昭憲皇太后祭が行われました。

昨年同様、新型コロナウイルス感染防止のため、参列のご案内を自粛し、神職のみでの祭典となりました。 

昭憲皇太后は皇后として明治天皇を内よりお支えになり、国母陛下と慕われました。

ご在世中、女子教育の普及や日本赤十字社の設立など社会福祉事業に尽力され、大正3年4月11日に崩御されました。

祭典では昭憲皇太后が詠まれた御歌(みうた)からつくられた神楽「呉竹の舞(くれたけのまい)」が奉奏されました。

 

この日にあわせ、「昭憲皇太后基金」の配分先(世界各国の赤十字・赤新月社)が発表されます。

同基金は、昭憲皇太后の慈しみの御心によって平時の救護事業のために創設されたもので、世界最古の国際人道基金であり、本年で記念すべき100回目の配分となります。

同基金の配分額は1921年(大正10年)の第1回から今回までで、累計17億円以上(15,100,641スイスフラン)、配分先は171の国と地域にのぼります。

 

 

昭憲皇太后基金とは

 

 

 

 

記念すべき100回目となる今年は総額5,591万円(47万5,977スイスフラン)で、配分は次の通りです。

 

1. ケニア赤十字社(アフリカ):約387万円(32,952スイスフラン)

   若年層へのデジタルボランティア活動の推進

   若年層がオンラインで活用できるボランティア活動のプラットフォームを導入します。

 

2. マラウイ赤十字社(アフリカ):約352万円(29,965スイスフラン)

   災害対応体制の構築

   発災後すぐに対応できる訓練された災害対応チームをマラウイ赤十字社全支部に配置します。

 

3. 南スーダン赤十字社(アフリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

   植林による環境保護活動

   果樹の植栽によって、脆弱な地域コミュニティでの人々の栄養状態と気候変動による影響を改善します。

 

4. ベナン赤十字社(アフリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

   女性のリプロダクティブ・ヘルスと自主性の支援

   女性の収入創出活動を強化するとともに、自分や家族の健康に関する情報へのアクセスを増やします。

 

5. バハマ赤十字社(南アメリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

   気候変動に強いコミュニティの開発

   災害リスクの軽減と気候変動への耐性を高めるため、5つの島の支部職員とボランティアのネットワークを拡大し、能力を強化します。

 

6. コスタリカ赤十字社(南アメリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

   先住民コミュニティの安全な生活環境の構築

   遠隔地にある先住民コミュニティにおいて、緊急事態や災害に適切に対処できる環境の構築を目指します。

 

7. ニカラグア赤十字社(南アメリカ):約346万円(29,494スイスフラン)

   高齢者への新型コロナウイルス感染症対策支援

   3つの高齢者養護施設で、医療支援・感染症の予防・メンタルヘルスを推進します。

 

8.  アルゼンチン赤十字社(南アメリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

    組織強化のためのシステム構築

    アルゼンチン赤十字社内の意思決定の基礎となるデータを収集・検証するモジュールを開発し、65支部に導入して活用します。

 

9. フィリピン赤十字社(アジア大洋州):約352万円(30,000スイスフラン)

   水・衛生環境の改善

   給水・排水・トイレ・廃棄物処理等、衛生環境改善に関するガイドラインを作成し、地域コミュニティに配布します。

 

10.パキスタン赤新月社(アジア大洋州):約302万円(25,678スイスフラン)

   血液製剤の保管機能の強化と供給システムの自動化

   地域の血液センターにおける新鮮冷凍血漿の保管機能を向上させ、血液製剤の供給システムを自動化 し、2021年「世界献血デー」を開催して自発的な献血の意識を高めます。

 

11.ベトナム赤十字社(アジア大洋州):約352万円(30,000スイスフラン)

   プロジェクト管理と社会福祉に関する能力強化

   提案書の作成からプロジェクト管理、社会福祉に関する研修をベトナム赤十字社の職員に提供します。

 

12. 東ティモール赤十字社(アジア大洋州):約352万円(30,000スイスフラン)

    リプロダクティブ・ヘルスの知識向上

    性と生殖に関する健康について、若年層の知識を向上させます。

 

13. エストニア赤十字社(ヨーロッパ・中央アジア):約352万円(30,000スイスフラン)

   ボランティア研修の体系化による能力強化

   データベースを構築してボランティアの募集・研修・確保を行い、エストニア赤十字社の4つの地域の能力を向上させます。

 

14. ジョージア赤十字社(ヨーロッパ・中央アジア):約331万円(28,208スイスフラン)

   健康増進への継続的な取り組み

   衛生的な習慣と予防接種の重要性を普及し、予防接種を推進することにより、新型コロナウイルス感染症の影響を減少させます。

 

15.ルーマニア赤十字社(ヨーロッパ・中央アジア):約349万円(29,700スイスフラン)

   児童養護施設にいる若者の脆弱性の解消

   心理社会的手法を用いて、児童養護施設にいる60人のティーンエイジャーを支援します。

 

16.イラン赤新月社(中東・北アフリカ):約352万円(30,000スイスフラン)

   ビジネスアプローチによる地域の能力強化

   地方の商工施設と協働した小規模なビジネス支援により、周辺地域住民が収入を得られるようにします。

 

    ※CHF=117.46円(4月5日レート)

 

日本赤十字社公式ホームページ

昭憲皇太后基金配分100回目記念映像