令和2年10月19日 更新

明治神宮鎮座百年祭奉祝 夜間特別参拝のお知らせ

明治神宮鎮座百年祭奉祝 夜間特別参拝のお知らせ

 鎮座百年祭を記念して3日間、特別に夜間もご参拝いただけます。

 夜の境内が、参拝者にご奉納いただいた『夢鈴(ゆめりん)』や全国からのボランティア団体による灯りで彩られます。

 

 

境内ライトアップ図はこちら

 

全国灯り奉納(各ボランティア団体)詳細はこちら

 

期間:令和2年10月30日(金)~11月1日(日) 

 

時間:10月30日、31日 19時まで入苑できます。    

   11月1日      20時まで入苑できます。

 

場所:境内各所

 

※明治神宮全ての参道からお入りいただけます(原宿口、代々木口、参宮橋口)

※10月30日、31日は16:40以降、11月1日は16:10以降、車両の入苑はできません

令和2年10月15日 更新

「夢鈴(ゆめりん)」奉納受付は10月25日(日)までとなります

「夢鈴(ゆめりん)」奉納受付は10月25日(日)までとなります

 

 明治神宮は本年11月1日に鎮座百年祭を迎えます。10月30日から11月1日の3日間、参道に奉祝献灯「夢鈴」を掲出して 夜間特別参拝の実施を予定しております。百年前に全国から約10万本の献木と11万人の青年奉仕団によって造成された杜にともる提灯に、皆様のまごころをこめた短冊のご奉納をお願いいたします。

   詳細はこちら>>

初穂料: 2,000円

短 冊:明治神宮の備林の檜材で特製しました。左側はお願い事とお名前をお書きいただき、右側は奉納記念としてお持ち帰りいただけます。

受付期間:令和2年10月25日(日)迄

受付場所

〇第三鳥居横特設テント受付 

※10月18日(日)迄 受付時間:午前10時~午後3時(土・日は午後4時頃まで延長)                  

〇長殿受付(東神門側)  

※10月19日(月)~10月25日(日)迄 受付時間:午前10時~午後3時(土・日は午後4時頃まで延長)

令和2年10月14日 更新

神宮の杜芸術祝祭 「切切偲偲(せつせつしし)―応援が力になる」これからの千年のアート展 開催のお知らせ

 「切切偲偲(せつせつしし)」 とは、誠意を持って励まし合うという意味ですが、コロナ時代の厳しい状況の中で、こんな時代だからこそ、あらためて芸術家の応援と、芸術・文化の大切さを、芸術・文化の拠点である聖徳記念絵画館から発信し、多くの方々の声援を芸術家に届けます。

 期間:令和2年10月27日(火)~11月10日(火)

 時間:午前9時~午後5時 ※最終入館は午後4時30分

 場所:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館 グランドフロアー

入館料:聖徳記念絵画館入館料(500円)が必要となります。

詳細は公式ホームページをご覧ください

令和2年10月14日 更新

神宮の杜芸術祝祭 サンクスフラワープロジェクト「グロリオサリリー展、ダリア展」開催のお知らせ

 

・グロリオサリリー展(高知県)

期間:令和2年10月23日(金)~10月25日(日)

時間:明治神宮開門時間はご覧いただけます

場所:大鳥居前小路

 

・ダリア展(福島県)

期間:令和2年10月30日(金)~11月3日(火)

時間:明治神宮開門時間はご覧いただけます

場所:大鳥居前小路

  詳細は公式ホームページをご覧ください

 

令和2年10月14日 更新

神宮の杜芸術祝祭 「地域活性化・新JAPAN PROJECT」(北海道・石川県・三重県・和歌山県・大阪府・兵庫県)開催のお知らせ

 

 日本航空が取り組む地域活性化・新JAPAN PROJECTとして、観光振興と地域産業支援のイベントを開催します。各自治体が出展し、地域の魅力発信、物産販売、伝統文化のミニ体験を実施します。 

 

 

 期間:令和2年10月16日(金)~10月18日(日)

 時間:午前10時~午後4時30分  ※10月16日は午後1時から

 場所:フォレストテラス明治神宮屋外パーゴラ

入場料:無料

詳細は公式ホームページをご覧ください

 

令和2年10月1日 更新

神宮の杜芸術祝祭 サンクスフラワープロジェクト「東北・四国地方の花」開催のお知らせ

令和2年8月24日 更新

神宮の杜芸術祝祭 サンクスフラワープロジェクト「福島の竹」開催のお知らせ

神宮の杜芸術祝祭 サンクスフラワープロジェクト「福島の竹」開催のお知らせ

 

 

 ・サンクスフラワープロジェクト「福島の竹」

 

内容:竹が持つしっかりとした節目と天高く伸びる姿で、一歩一歩進む復興と未来への希望を表した展示です。

期間:令和2年8月14日(金)〜10月25日(日) 

※状況により期間を短縮する可能性があります

時間:明治神宮開門時間内はご覧頂けます

場所:大鳥居前小路

 

詳細は公式ホームページをご覧ください

 

令和2年7月30日 更新

明治神宮鎮座百年祭Facebookを開設しました

明治神宮鎮座百年祭Facebookを開設しました

このFacebookでは明治神宮鎮座百年祭の情報とともに明治神宮からのご案内を発信します。

 

大正9年(1920)11月1日に明治天皇と皇后の昭憲皇太后を祀るために創建された明治神宮は令和2年(2020)に鎮座百年を迎えます。

 

詳細はこちら>>

 

令和2年7月29日 更新

明治神宮鎮座百年祭奉祝のあかり「夢鈴(ゆめりん)」を奉納しませんか

明治神宮鎮座百年祭奉祝のあかり「夢鈴(ゆめりん)」を奉納しませんか

 

 

 

 明治神宮は本年11月1日に鎮座百年祭を迎えます。10月30日から11月1日の3日間、参道に奉祝献灯「夢鈴」を掲出して 夜間特別参拝の実施を予定しております。百年前に全国から約10万本の献木と11万人の青年奉仕団によって造成された杜にともる提灯に、皆様のまごころをこめた短冊のご奉納をお願いいたします。  

 

詳細はこちら>> 

初穂料: 2,000円

短 冊: 明治神宮の備林の檜材で特製しました。左側はお願い事とお名前をお書きいただき、右側は奉納記念としてお持ち帰りいただけます。

〇神楽殿受付 

受付時間:午前9時~閉門        

〇第三鳥居横特設テント受付(天候状況等により閉鎖することがあります)

受付時間:午前10時~午後3時

※10月30日から11月1日に実施予定の夜間特別参拝につきまして、新型コロナウイルス感染症の影響により変更が生じた場合は、HPにてお知らせ致します。

令和2年7月27日 更新

神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」開催のお知らせ

神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」開催のお知らせ

 

 日本博主催・明治神宮鎮座百年祭連携事業として「神宮の杜芸術祝祭」が開幕しておりますが、7月10日より新たに明治神宮の杜を舞台に以下の芸術・文化プログラムを開催しております。

 

 

 

・神宮の杜芸術祝祭「紫幹翠葉-百年の杜のアート」展

 

会期:令和2年7月10日(金)〜9月27日(日)

休館日:毎週木曜日(但し7/23、7/30は開館いたします)

時間:10:00〜16:30 ※最終入館は閉館時間の30分前まで

会場:明治神宮ミュージアム

入館料:明治神宮ミュージアム入館料(1,000円)が必要となります。

 

 

詳細は公式ホームページをご覧ください

令和2年4月1日 更新

日本博「神宮の杜 芸術祝祭」が開催のお知らせ

日本博「神宮の杜 芸術祝祭」が開催のお知らせ

「神宮の杜芸術祝祭」祭る。祈る。創る。-持続可能な自然と芸術文化- 

 日本博主催・明治神宮鎮座百年祭連携事業として「神宮の杜芸術祝祭」が開幕致しました。令和2年3月20日から令和3年3月31日までの約1年間、 明治神宮の杜を舞台にさまざまな芸術・文化プログラムが開催されます。

 

 

 

 神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」 

 

 

 

詳細は公式ホームページをご覧ください

 https://jingu-artfest.jp/

令和2年3月15日 更新

明治神宮鎮座百年祭記念展「永遠の杜のものがたり」

明治神宮鎮座百年祭記念展「永遠の杜のものがたり」

大正9年(1920年)11月1日、明治天皇、昭憲皇太后を敬仰する国民のまごころと情熱によって、代々木の地に荘厳な社殿と神宿る杜がつくり上げられました。御祭神のご聖業を中心に「永遠の杜」づくりを志した人々など、明治神宮の百年を結集して、参道の一部で記念展示をしております。ぜひご参拝の折にご覧ください。

期 間 令和2年1月1日(水)~11月30日(月)

場 所 正参道(大鳥居周辺から枡形まで)

時 間 開門時から閉門時