雪中のご乗馬

 

 明治天皇は馬に関するお歌をたくさんお詠みになっています。例えば「春の日の長きもわすれて臣どもと馬にのりけるとき」と詞書(ことばがき=和歌の前書き)された、

 

   長き日もうちわすれつつ芝くさを

      ふませて馳する駒のかずかず

 

のお歌は、熱心にご乗馬に励まれた頃お詠みの一首かと思われます。

 ある日、ご乗馬中に雪が降り出して、天皇はやむなく吹上御苑のお茶屋に憩われ、お酒を召し上がりになりました。

 雪はどんどん勢いよく降ってきましたが、天皇にはますます盃を重ねられ、いっこうにお帰りになろうとする気配がありません。むしろ雪景色をご鑑賞になりながらご機嫌の面もちです。

 

  いさみたつ駒にうちのり吹上の

              にはの雪見にいでしけさかな

 

 これは明治16年に詠まれたお歌ですが、あるいはこの時のことを詠まれたのかもしれません。

 あまり遅くなってはお身体にも良くないと心配した侍従が、

「もうお還(かえ)りになってはいかがでございますか」

と申し上げると、

「まだよい」

とお聞きになりません。そこで侍補の土方久元(ひじかたひさもと)が、

「自分が何とかお願い申し上げよう」

といって陛下の御前に進みました。 

「土方か」

「はい」

「また還れというのだろう」

「いいえ。御苑には背の高い松や老木が茂っていますので、大雪になりますと、雪の重みで枝が落ちてくる可能性があります。もしそれで馬がけがをしてはたいへんだと、皆で心配いたしております」

すると、

「ああそうか、それならすぐ還ろう」

と、天皇は即座にお席を立って帰路につかれました。

「お馬のことになると、この通りに優しく配慮なさったものだ」

と、土方は後に思い出深く話したそうです。

 

【御徳利】

雪中のご乗馬